現地での生活について

安心して留学生活を送るために、全てのお客さまに海外旅行傷害保険の加入を義務付けさせていただいております。
海外での病気や怪我の際にキャッシュレスで診察を受けることができ、また盗難や損害賠償など様々なリスクに対して補償がございます。
海外旅行保険の選び方については下記をご参考下さい。
保険を選ばれる場合、治療費補償は当然として、救援者特約と賠償責任特約の有無については確認が必要です。
突然入院するような事態に陥った時、入院の手配や入院中の日用品の用意など自分では大変困難です。
また自分の要望有無に関わらず家族の方が駆けつける場合が多く、急な渡航や病院近くのホテルなどへの宿泊費などで、1週間の滞在でも多額の費用が掛かります。
海外では日本に比べ自己責任の考えが強く損害賠償を要求される事もあります。
バスタブのお湯を溢れさせて費用負担などの例もありますので十分な注意が必要です。
空港で出発直前でも加入できる保険もございますので転ばぬ先の杖としての海外旅行保険を検討してください。
キャッシュレス対応可能な主な保険会社
AIG(旧AIU)
損保ジャパン日本興亜
ジェイアイ傷害保険
あいおいニッセイ同和傷害保険
富士火災
クレジットカード付帯 ※Rakutenカードは使用不可
英語学習に集中して頂くため、安全な留学生活をお送り頂くため、門限はございます。
時間までに宿泊施設へ戻るようにして下さい。
門限
日曜日~木曜日 午後10時
金曜日、土曜日、休校日前日 翌午前2時
週末などに外泊する場合は事前に申請が必要です。
アドバイザーもしくはスタッフまでお尋ねください。
門限は、英語でcurfewといいます。
普段聞き慣れない英語ですが覚えておきましょう。
語学学校であるにもかかわらず、門限があるのはなぜでしょうか?
理由のひとつは勉強に集中する環境を作り出すこと。
もうひとつは安全面の配慮です。
留学中は部屋の人数にかかわらず共同で生活をすることになります。
深夜になるまで学校への人の出入りがあれば落ち着かないお客さまが出てくるのは容易に想像できると思います。
安全面については言うまでもないですが犯罪に巻き込まれる可能性は日中よりも夜~深夜にかけての方が高くなります。
そういった時間にあえて外にいないようにすることで無用なトラブルに巻き込まれるリスクを減らすことができます。
また門限には親御さまへの配慮という側面もございます。
留学される学生の中には未成年や親御さまのご希望でセブに来られているというケースも多くございます。
門限があることで親御さまも安心して大切なお子さまをお預け頂けると考えております。
もちろん門限があれば学習効果が上がる、または犯罪に巻き込まれないといったことではございません。
学生それぞれがしっかりと自覚をもって行動して頂くことが大前提であるのは付け加えておきます。
フィリピン及びセブの祝日と年末年始は授業がお休みとなります。 当校の休校日は2019年は3日間です。
1月1日(火)
New Year’s day
4月19日(金)
Good Friday
12月25日(水)
Christmas
土日は有料にて追加授業受講可能です。
祝日対応としての返金はありませんのであしからずご了承下さい。
フィリピンやセブには日本と異なる多くの祝祭日がございます。
こういった祝祭日には様々なイベントなどがあるケースもございます。
フィリピンの祝祭日、記念日は、キリスト教徒が非常に多い国だけあって、キリスト教関係のものが多いことが一つの特徴です。
また、フィリピン独立に多大な貢献をした英雄にちなんだ休日、記念日も多くあります。
セブ市内のショッピングモールなどに両替所は多くございます。
空港で換金されるよりもレートがお得ですので多額の換金についてはフィリピン入国後に換金されることをおすすめします。
ただ到着時にまったく現地通貨(フィリピンペソ)をお持ちでないと不安だとお考えであれば空港で当面の必要経費として日本円で1万円程度をご両替されてはいかがでしょうか。
日本円の1万円はこちらでは約4,500ペソ(2018年11月)程度に相当します。
タクシーでの移動は大抵100ペソ~200ペソ、一度の食事は200ペソ~500ペソですので十分な金額かと思います。
両替所に関しては併設しておりますショッピングモールにも両替所はございますが若干レートが悪いのが実際です。
どの程度違うかと言いますとおおよそ ですが2%~3%程度の違いです。
したがいまして低額の両替であればあえてレートの良い両替所のあるショッピングモールまで往復のタクシー運賃と時間を使っていく必要があるかということになります。
このあたりは金額とご相談頂き、ご検討下さい。またセブにお越しになられてから当校スタッフに気軽にお尋ね下さい。
日本の携帯電話をお持ち頂き国際ローミングサービスをご利用されることもできますが通話通信料が非常に高額になります。
長期で留学される方は現地にて携帯電話を購入されることをおすすめします。
SMART社、GLOBE社、SUN社の3社の携帯電話通信会社があり、電話機本体と同時にSIMと呼ばれる電話番号が付いたICカードを購入し電話機本体に挿入して使用します。
電話料金はプリペイド方式が便利です。
日本とは違い身分証明書無しでも購入してすぐに使えます。
またプリペイドカードは ショッピングモール、スーパーやドラッグストアで購入できます。
カードは100ペソからございますので使用頻度に合わせてご利用下さい。
また携帯電話端末はSamsung、LG、ソニー、アップルなど日本で手に入るモノはほとんどございますが一括購入のため高級機種は高価です。
通話とテキストメールだけの使用であれば日本円にして3000円程度から手に入る携帯電話端末もあります。
各個人によりますがお小遣いは日本円にして月々1万円~5万円程度です。
例) 10ペソ=おおよそ22円(2018年11月現在)
マクドナルドのビックマックセット
150ペソ
缶ジュース350ml
50ペソ
レストラン
1食 300ペソ~500ペソ
Cafe Howdy(校内併設レストラン)
1食 150ペソ~300ペソ
タクシー
初乗り40ペソ(学校からセブ市内まで200ペソ以内)
映画
150ペソ~190ペソ
美容院(カット)
50ペソ~200ペソ
当スクールに併設されていますCafe Howdyには日本人監修によるメニューを多数取り揃えております。
日本料理中心の栄養バランスの取れた食事にて皆さまの留学生活をサポートする体制を整えております。
土日を含め朝食、昼食はあらかじめ学費の中に含まれております。
また夕食もオプションにてご用意させて頂くこともできます。
またアラカルトメニューもご用意していますので夕食のためにわざわざ校外へ足を運んで頂く必要はございません。
充実した食生活でストレスのない留学生活をお送り頂けるように心がけております。
※高校生コース、+50コース、親子留学は夕食付き
洗濯は週に2回、ご自身でショッピングモール内の洗濯屋に持って行ってもらっています。
※あくまで簡易的なサービスのため、破損、紛失対し弁償いたしかねます。
週1回、生徒立ち合いのもと掃除サービスをさせていただきます。
立ち合いをお願いするのは所持品の紛失や盗難などのトラブルを防止するためですのでご協力を宜しくお願いします。
空港で当校名(Howdy English Academy)のカードを持ったスタッフがお待ちしております。
空港から当校施設までお送りさせていただきます。
時間にもよりますが空港から学校施設までは20分~30分程度で着きます。
他校では有料のところもあるようですが当校のお迎えサービスは無料(日曜日のみ)ですので是非ともご利用下さい。
なお、別途お申込み後にメールでもお知らせしますが、航空券をご購入頂いた後、到着便名および時間をお知らせください。
また、入寮日よりも早くにセブへ到着しホテル等で宿泊する場合、タクシー等をご利用の上、当校へお越しください。
入寮日は日曜日、入寮時間は14時以降となっております。
日本とは違い、フィリピンの電圧は220Vです。
海外対応の電気製品は、そのまま使えますが、それ以外の電気製品を使用される場合は、変圧器が必要となります。
フィリピンのコンセントの形状は、ほぼ日本のものと同一です。
たまに3つ穴があるものを見かけますが、2つの穴に日本のものと同じプラグを挿しても問題なく使用できます。
ちなみに「コンセント」は英語では通じません。差込口はSocketまたはOutletです。電源プラグはそのままPlugです。
最近の携帯電話の充電器やノートパソコンのACアダプターは海外対応になっているので大丈夫かと思いますが電圧の違うものを差して使用しようとすると最悪の場合、故障してしまいますので必ず説明書ないしは電圧に関する表記を確認してから日本からお持ち頂くようにしてください。
当校では学生寮各部屋およびカフェテリア、受付ロビーはすべてWifi(無線LAN)が利用が可能です。
お客さまの滞在者数(使用者数)により速度が変わりますが、メール、LINE、ネット検索は問題なく使用可能です。
動画鑑賞やSkype会議などにネット環境が必要な場合は、日本からポケットWifiを借りてくるか、現地でポケットWifiを購入することをお勧めいたします。
当校はショッピングモールに隣接しており様々なレストラン、コーヒーショップ、バー、銀行、ドラッグストア、日用品や食材を購入できるスーパーなどがすべて徒歩圏内にございます。ショッピングモール同様に学校にも専用の警備員が24時間で警戒にあたっていますのでとても安全な環境です。留学生活に不自由を感じたり、危険を感じさせるものは学校の付近はありません。
このショッピングモールは Insular Square Mall と呼ばれるモールです。
週末はいろいろなイベントやライブがあったりして楽しい時間をお過ごし頂けると思います。
またマクタンの空港からは日中であれば30分程度、早朝深夜の車の少ない時間であれば15分程度の距離です。
各部屋に鍵付きクローゼットをご用意しております。貴重品につきましては、生徒ご自身で管理していただきますようお願い致します。
また外出の際には多額の現金を持ち歩かないようにしてください。
セブは安全なところではありますが世界一安全と言われる日本と比べると盗難や事故に巻き込まれる可能性は高いと言わざるを得ません。
また路上で携帯電話を操作するなどの行為も盗難に遭ってしまう可能性を高めます。
貴重品の管理と共に自分の身は自分で守るといった意識を持っていただくことで安全な留学生活をお送りいただけるようになると思います。
まずは当校スタッフにご相談下さい。
日本人スタッフのいる病院がございますので安心して診察をお受けいただけます。
セブに来て気を付ける病気といえばまずは食中毒。
予防方法としては屋台やストリートのレストランはなるべく避け、ショッピングモールにあるレストランや観光客が多く訪れるレストランをご利用くださいませ。
それと地元の人でも気にしているのがデング熱です。
蚊を媒介として刺された人が感染する感染症です。
ただ大抵の場合は感染しても無症状もしくは軽度の症状にとどまるようで、重篤に至るのは感染者の5%ということですので必要以上に恐れることはありません。
予防としては蚊の多い場所を避けるようにする、虫除けスプレーなどを携行することで感染する可能性を下げることができます。
それからもうひとつ注意して頂きたいのが狂犬病です。
セブには野犬、いわゆる野良犬が多くいます。(留学生のみなさんが生活される範囲ではあまりみかけることはないと思いますが)
これらに噛まれることで狂犬病に可能性があります。
万が一、犬に噛まれるようなことがあれば必ず医療機関を受診してください。 セブは安全なところですがこういったことを予備知識として頭に入れておくことでより安全に留学生活をお送りいただけると思います。
当校ではレセプションにて車両手配可能です。
その際、当校ではGrabを手配させていただいております。
こちらは、事前に行き先が登録でき料金も事前にわかる車両配車アプリです。
手配できる台数に限りがあるため、Grabが手配できな場合はタクシーを手配させていただきます。
タクシーについて
初乗り料金は40ペソ、当校から市内であれば200ペソくらいで移動できます。
外国人相手だとメーターを使用せずにタクシーを走らせたり、何かと理由を付けて実際の金額よりも多く要求してきたりするケースがあります。
メーターを使用せずに値段を交渉してくるタクシーは利用しないようにしましょう。
高級ホテルや大きなショッピングセンターのタクシー乗り場ではタクシーのナンバーを控えた紙を渡してくれます。
これは何かトラブルがあった時にタクシーを特定するためですので無事に下車するまでは失くさないようにしましょう。
他にジプニー(乗合バス)、トライシクル(バイクタクシー)、長距離移動にはバスがございますが安全面からタクシーのご利用を強くおすすめします。
以下に持参すべきもの、持参した方が良いもの(参考)として一覧を記載します。 参考にしてください。
持参すべきもの
パスポート(滞在期間+6カ月分のパスポートの残存期間が必要)
航空券(フィリピンでは必ず出国用のチケットも必要となります)
現金
海外旅行傷害保険証(クレジット付帯の場合は必要ありません。)
証明写真 留学期間8週間までの方: 1枚 8週間以上の方: 2枚 (サイズ:5㎝×5㎝ 背景は白、眼鏡不可) ※当校で作成可能です。1枚100ペソ
持参した方が良いもの(参考)
パスポートのコピー(スキャンしたものをスマートフォンやパソコンに保存しておかれると便利です)
クレジットカード
国際キャッシュカード
常備薬一式
日焼け止め
虫よけスプレー
シャンプー・リンス
生理用品
長袖の洋服(暖かい気候ですが、施設の中ではエアコンが効いているためです)
ノートパソコン
デジタルカメラ
スマートフォン
電子辞書
ドライヤー(海外対応のもの)
目覚まし時計
スリッパ
筆記用具

お申し込みについて

コース設定は1週間単位でお申込み可能です。 ※入寮日:日曜日 退寮日:土曜日 留学期間=英語力アップと考えるのは間違いです。
もちろん長期に渡り留学されることで英語力の向上は見込めるでしょう。
しかしそれ以前に生徒それぞれの心構えで留学の効果は大きく変わってきます。
下記のようなことを意識するだけで更に効果的な留学になると思いますのでご参考下さい。 1.恥ずかしがらない、恐れない 留学される人は誰もが最初から英語は上手く話せません。話せない、聞き取れないからと言って遠慮したり恥ずかしがったりしていては英語力は身につか ないでしょう。せっかく留学してきたのだから思い切って大きな声で話してみましょう。間違っても構いません。そのための留学なのですから。 2.基礎の積み上げを 基礎とは文法、語彙力でしょうか。しっかりとした文法を身に付け多くの単語を記憶する。これは時間のかかることですし努力の必要なことです。時間をかけてコツコツ積み上げたものは確実に英語力アップへつながります。 3.授業だけが留学? 授業の間だけ英語を使っているだけでいいのでしょうか?せっかくセブへ留学したのだから学校の外でも積極的に英語を話す環境へ身を置きましょう。 4.目標設定を 留学するのにも具体的な目標があるのとないのでは学習意欲に大きな差があるのは良くおわかりになると思います。自分がなんのために留学するのか。留 学を検討される際に具体的な目標設定をしましょう。それが仮に留学を通してフィリピンの人と触れ合うことであっても決して間違いではありません。勉強のみ を超えた目標設定をしてコミュニケーションツールとしての英語を磨く。大変結構だと思います。
渡航準備など余裕をもって留学に臨むために1か月前程度を目安にご予約されることをおすすめします。
入金確認、授業準備等ありますので、お申し込み締め切りは2週間前までとさせていただいております。
渡航準備については下記、ご参考下さい。 お申し込み まずはここからスタート。 お申込金、入金 お申し込み受付後、日程、御請求書、その他資料をお送りさせていただきます。 御請求書発行から1週間以内にお申込金をご入金いただき予約完了となり、お部屋、コースの確保にうつります。 入寮日の31日前までには授業料全額をご入金いただく必要がございますので、2度に分けてのご入金がお手数であれば、1度に全額ご入金いただいても問題ございません。 パスポート 有効期限もチェックを忘れずに。残り期間が6ヶ月+滞在期間が必要です。 費用のお振込み ご案内致しますメールに従い指定期日までに、ご入金下さい。 航空券準備 空港で航空券を受け取る場合もあります。よく確認の上、ご準備を。 海外旅行傷害保険の加入 海外の医療費は信じられないほど高額になることも。保険に入ることをお勧めします。 写真の準備 SSP/VISAのために5cm×5cmの写真をご用意下さい。 8週間までの滞在:1枚 8週間以上の滞在:2枚 ※現地で撮影発行可能です。1枚100ペソ パスポート、航空券のコピー 万が一、紛失した際にコピーがあると安心です。 空港ピックアップ情報の確認 当校スタッフが空港までお迎えに参ります。こちらからご案内します留学案内をご確認くださいませ。 個人の荷物の確認 預け荷物、機内持ち込み荷物ともに重量制限がございます。航空会社の制限重量をよくご確認の上、お荷物をご準備下さい。重量オーバーの場合は追加料金が発生します。ご注意を。
授業および宿泊施設の状況に応じてご相談に応じさせていただきます。
お気軽にお申し出下さい。 実際にセブに留学してみて新たな目標を発見されたり、英語力アップを経験したことでモチベーションが上がり留学期間を延長したいといったケースは十分に考えられます。
滞在期間によってはビザの申請が必要になるケースなどもございますがそれらも含めて当校スタッフがご相談に乗ります。
またマンツーマンレッスンを増やしたいやビジネス英語に特化して授業を受けたいなど個人個人の希望に合わせてコースを変更したりすることも遠慮なくご相談下さい。
また他校に留学されているが転校したいといった場合も是非、見学にお越し頂きHowdy English Academyの雰囲気を感じ取って頂きたいと思います。
月曜日からコースは開始となりますのでその前日の日曜日に入寮いただいております。
なお当校宿泊施設へは日曜日の午後2時から入室可能となります。
土曜日に当校宿泊施設をご利用されたい場合は空き状況に応じて追加料金にて対応させていただきますのでご相談下さい。
※日曜日の空港お迎えは無料ですが、土曜日は有料となっております。
※空港以外のホテル、モールなどへのお出迎え対応は致しておりません。 もし授業開始より早くにセブへ到着され当校宿泊施設に空きがない、または授業終了後も帰国便のスケジュールの都合等でセブに延泊が必要なケースはホテル等もアドバイスさせていただきます。
お気軽にメールでお問い合わせ下さい。
日本からの搭乗者は、まず入国審査を通過しなければなりません。
入国審査ではパスポートと機内で作成した入国審査カードと税関申告書を提出します。
日本人の場合、入国審査で質問されることほとんどございません。
もし入国目的を質問されたら、観光(sight seeing)とお答え下さい。
また帰国便の航空券もしくはフィリピン出国の航空券の提示を求められることがございますので入国の際にはお手元にご用意ください。
フィリピンの場合、ビザなしで30日まで合法的に滞在できるので問題ありません。
長期滞在の方で帰国便が決まっていない場合など特殊な場合についてはご相談下さい。
フィリピンでは入国審査の際に次の3点の資料を提出します。 1.パスポート…有効期限が6ヶ月以上残っている必要があります。 2.入国審査カード&税関申告書…飛行機の中で渡されます。 3.出国するチケット…普通であれば日本に帰るチケットですが、フィリピンから出国するチケットであれば行き先は香港でもシンガポールでもどこでもかまいません。e-ticketの場合も、できればプリントアウトしたものをご用意頂く方が安全です。 基本的には日本人には多くのことを聞いてきませんが英語で質問をされても慌てず単語、単語の組み合わせでも構わないのでゆっくり話せば大丈夫です。
入国の際に、空港で30日間滞在できる観光ビザを取得できますので、日本で前もってビザを取得される必要はございません。
30日を超えて滞在される場合は、滞在の延長手続きが必要となりますが、当校で代行手続きを行います。
また観光ビザとは別にフィリピンで留学するためには、たとえ短期であってもSSP(Special Study Permit)の取得が義務付けられています。
SSPとは観光および商用目的でフィリピンに入国した外国人が合法的に学習するのに必要な許可です。
こちらの取得手続きも現地にて当校で代行させていただきます。
取得に必要な費用は為替レートやフィリピン政府の価格改定等の関係上、上下する可能性がございますが日本円にして約15,000円(6,500ペソ)です。
繰り返しになりますが30日以下の滞在の場合は観光ビザにて滞在が可能です。
これを超える場合はフィリピン入国後にビザを申請できます。
したがって入学後に改めてご相談頂いても十分に間に合いますのでご安心してお越しください。
生徒様によりましてはご勤務先の福利厚生・自己啓発プログラムなどの一環として留学をご検討される方もいらっしゃいます。その場合、しかるべき領収書が必要となるかと存じます。当校としましては、以下の内容記載にて、正式な領収書を発行いたします。(印刷原本、PDFデータのどちらでも可能ですが、日本と同様の収入印紙はございませんので、ご了承をお願いいたします。)
  • (ご指定の)宛先
  • 支払い金額と支払い明細(期間、コース名など)
  • 発行者: Howdy English Academy
  • 領収書発行日
  • その他(ご希望に応じ)

英語学習について

当校ではマンツーマンクラスを中心に各個人の英語力に合った内容と進め方で授業を行います。
経験豊富な講師が親切丁寧に対応致しますのでご安心下さい。
グループクラスもレベルに応じたクラス分けを行いますがグループクラスにご不安の方はご相談下さい。
状況に応じてマンツーマンクラスに振り替え対応(追加料金)も可能です。
日本人であれば誰も、外国人を前にして緊張して聞き取れなかった、何も話せなかったといった思いのひとつやふたつはあると思います。
そういった方々にマンツーマンレッスンをご経験頂くことで話すこと、聞くことに慣れて頂き、自信をもって外国人と英語で思いっきり会話して頂くことが我々の願いです。
それを実現できるだけの講師とプログラムが我々にはございます。
安心して留学へお越しください。
当校でのスタンダードコースの授業時間は1日7クラスです。
これを延べ授業時間で比較しますと週一回の英会話レッスン2ケ月弱に相当します。
こういった集中した環境で学習頂くことで十分な効果が期待できるでしょう。
またマンツーマンレッスンが主体です。
生徒それぞれのレベルに合わせた指導を集中して行い、まさに英語漬けの環境を作り出すことで更に高い効果が見込めるでしょう。
特に効果が見込めるのはスピーキングとリスニングの会話コミュニケーション力です。
これは日本人の最も苦手とするところです。多くの日本人の学生は英語は読める、書けるのに聞き取れない、またはゆっくりなら話せるのに外国人を前にしてしまうと思っていたことが口に出せないという経験をされていると思います。
マンツーマンレッスンを経験頂くことで英語で会話する、外国人を前にすることに慣れるというのは非常に大きいでしょう。
近年フィリピン留学が注目されている理由は留学費用の手軽さと同時にフィリピン人の英語力にあります。
多くのアメリカやイギリスのコールセンターがフィリピンに存在している理由も彼らの英語力や発音が英語を母国語とする国々のそれと比較して遜色ないことが理由です。
また当スクールで講師として採用しているのは英語教育およびトレーニングを積んできたフィリピン人です。
発音についても、もちろん十分な訓練を積んでいますのでご心配は必要ありません。
一方で教室の外、町中で出会うフィリピン人の多くは英語を積極的に話さなかったり、こちらが話しかけても上手く理解してくれない人達がいます。
また彼らの発音も聞き取りにくかったり、聞きなれない表現を使うこともしばしばあります。
彼らからは正しい発音は学べませんがコミュニケーションツールとしての英語として積極的に話しかけることで留学生活をより豊かなものにしてください。