ーにっぽん放浪写真家がセブで生活する No.2ー

メリークリスマス!インターンのNaokoです!

フィリピンに来て、はや一ヶ月半。元気でやってますよ、お母さん。(※とか言いつつ母はこのブログを見ていません)

英語学習云々に関しては、ちょっーと横に置いておくとして、今回は先日のクリスマスパーティの話です!

Intern Profile

名前Naoko
プロフィール放浪系写真家。
兼デザイン屋イベント屋。

生まれも育ちも博多っこ。
5年間、カメラを片手に軽自動車で日本放浪したあと、フィリピンへ。
初日に口走った言葉は” I’m a pen ”

特技 結構どこでも寝られる
長所 順応がはやい
短所 瞬間湯沸かし器

セブ滞在 2016/11/14~

◆フィリピンのクリスマスは夏で、フィリピン人はクリスマスに並々ならぬ情熱を持っている

クリスマスイブである24日の真夜中は、あちこちで爆竹が鳴り響き、花火が各家庭からあがったりしてにぎやかでしたねー。さながら日本の一部地域のお盆を彷彿とさせる情景でした。

常夏なので、みな半そでだし、少し歩くと汗をかく。街はクリスマスイルミネーションで華やかです。

このクリスマスからの盛り上がりは年始へと向かい、そして毎年1月半ばに開催されるセブ最大の祭り“ シヌログ “へと最高潮に向かっていくようです。

「どんなクリスマスを過ごすの?」

「どこでクリスマスを過ごすの?」

「・・うふふ。誰と一緒に過ごすのかな?」

先生たちとの会話でも、女同士の話題は万国共通。

はい。当日じゃなかったけどクリスマスは学校でパーティーでしたよ。ここHowdyでも気合が入ったクリスマスパーティが開催されました!

◆キリスト教圏であるフィリピンのクリスマスは感謝の言葉からはじまる?

厳かな雰囲気の中ではじまったパーティー。

歌って、踊って、ゲームして、そして数週間前から徐々に行われるプレゼント交換。フィリピンの人は総じて、歌や踊りがうまいので、歌いだすとさながらゴスペルのコンサート会場のようになるのが驚きです。

いつもは日本人の舌に合わせた料理を提供してくれるHowdyキッチンも、この日に限ってはフィリピン人キッチンスタッフたちが腕によりをかけて、フィリピンおもてなし料理を作ってましたよ。

スクロールすると↓ギャラリーでさらにご覧いただけます!

◆常夏のフィリピンでは、サンタさんは海から来る?

かどうかは、枕もとに水着置いて寝たらわかるかも?

クリスマスや正月、シヌログ祭りやイースター。

海外留学をするんだったら、イベントに合わせて来てみるのも違う雰囲気が味わえますよ!

インターン Naoko でした!

Intern 関連記事