インド ブッダガヤー

こんにちは! Howdy English AcademyインターンのRyujiです!

Howdyでの留学を終え、2ヶ月が経ちここからは東南アジアの国々とは規模も勝手も全く違い、予測不可能な事態に備えるためにも気を引き締め直して旅をしようと思います。
ちなみに予定ではインドの右上あたりから少しづつ下って最南端まで行き、また上に上がっていく予定です(^ ^)

インドはデカ過ぎますね(ー ー;)

インドの主要都市を全て回ろうと思うと半年間くらいかかるでしょうね。

大体の人がデリーから入って北の街を回るんですが僕なら南インドをお勧めします。

北は汚い街が多く観光客を騙そうとする人がたくさんいるんですが南インドの人は比較的穏やかで観光客を狙った詐欺も北インドより少ないです。

正直デリーなんて何がいいのかサッパリ分かりません。

詐欺が多い街の代表例で、空港出た瞬間から騙そうとする輩が待ち構えていますからね笑

旅行でインドに行く機会があればぜひ南へ!

デリーに行くのが嫌だったのでブッタガヤーという苦行の修行によりブッタが悟りを開いたと言われる場所へ行きました。

正式な街の名前はGayaだそうですがブッタガヤーでも通じます。IMG_0976
観光客はもちろんたくさんいるんですが東南アジアなどからの僧侶が修行をしに来る場所としても知られている仏教徒とにっては神聖な場所です。

この街に来てまず思ったのが日本語を流暢に話すインド人がやたらと多いです。

1日街を歩いていれば「こんにちは!」とインド人から話しかけられると思います。
片言の日本語を話す外国人なら東南アジアにもいましたが日本人と遜色なく話せるインド人にこんなにあったのは初めてだったので驚きました。

今から10年か20年ほど前に日本人の僧侶がたくさんにこの街に訪れていたそうです。

当時まだインドは貧乏でその日本人の僧侶がたくさん街に来たおかげで財を築くことができたので今ブッタガヤーでホテルを経営している人たちは親日家の人もいるそうです。

インドの観光地に行くと観光客を狙った出稼ぎのインド人が多くトラブルになることもあるのですがガヤーは北インドの中では珍しく人が穏やかで街もそんなに大きくなく歩いて観光できるのでお勧めできる街の一つです。
街には色々な国の仏教寺があり観光客にも解放されているので自由に歩いて見回ることができます。

さらに寺によってはタダで泊まることができるところもあります。
日本寺もありました。
思っていたより問題なく観光できたので1日で十分でした。
そこからバラナシというヒンズー教の聖地の街に行きました。

ボクは電車で行ったのですがインドの電車には5つのクラスがあり一番下のクラスはほぼ160円でどこまでもいけます。

ボクは時間がなく一番下のクラスに乗りました。

東京の通勤ラッシュ並みに人が乗っていておしくらまんじゅう状態で6時間です笑
電車から降りる人優先というルールもないので電車が駅に着くたびに大混乱でした(T ^ T)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。P10908571