フィリピン留学のメリットとは?

 

こんにちは、インターン生のAyaです^^

私がここHowdyに来てから、もうすぐ6か月になります。

時が流れるのはほんとに早いですね … (T_T)

 

 

さあ今回は、6か月フィリピン留学を経験して見つけた

『フィリピン留学のメリット』についてお話したいと思います。

 

私は以前オーストラリアで4か月ほど語学学校に通ったことがあるので、わかりやすいようにその時の経験と比較しながら書いていきます(^_^)

特に勉強面に焦点をあてていきますね。

留学する国を決めるのに悩んでいる方の参考になればうれしいです。

 

 

 

その1

◎生徒が話せる時間が明らかに長い!

 

<フィリピンの語学学校>

・マンツーマンレッスンが主流 ⇒ 先生:生徒=1:1

例えばここHowdyでは、最大1日9クラス(1コマ50分)のマンツーマンレッスンを受けることができます。

 

<オーストラリアの語学学校>

・グループレッスンが主流 ⇒ 先生:生徒=1:15前後

たいてい1日約5クラス(1クラス50分)程度。

特に高い料金を支払わない限り、そのすべてがグループレッスンとなります。

 

 

人数だけを比べてみても明らかですが、生徒が授業に発言できる時間が大きく違ってきます。

さらに、大人数だと一つのアクティビティ等に時間がとられてしまいがちですが、マンツーマンであればテンポの良い充実した内容のレッスンを受けることができます。

 

 

 

 

その2

◎話し相手が先生!

 

<フィリピンの語学学校>

・話す相手は先生のみ

マンツーマンレッスンでは先生としか話しません。

そのため、周りの目を気にせず話したいことが話せて、わからないことがあったらその都度わかるまで質問することができます。

 

<オーストラリアの語学学校>

・話す相手は自分と同じ生徒。

グループレッスンでは、ペアやグループでの活動が多くなります。

 

 

主な話し相手が自分と同じ生徒になると、英語上達の時間に大きな差がでてきてしまいます。

その理由は、

⇒自分が正しい英語を話しているのか、相手に言いたいことがちゃんと伝えられているのか判断してくれる人がいない。

⇒聞こえてくる英語は自分と同じレベルのもの。

(生徒のレベルによってクラスが分けられているため。)

⇒レベルが同じ者同士だと、なぜかそれなりに通じ合ってしまうマジック。(゜-゜)

 

もちろんペアワークやグループワークにもメリットはあるのですが、せっかくお金も時間もかけて留学にきたのに、授業できちんとした英語が聞けないのは悲しいですよね。

常に正確な英語を聞いているかそうでないかで、英語の上達のスピードも違います!

 

 

 

 

その3

◎自分のペースで学べる!学びたいことに集中できる!

 

<フィリピンの語学学校>

個人のニーズ、そしてそれぞれのペースに合わせた授業を展開します。

さらに、担任制を実施している学校(Howdyもそのうちの一つです^^)では、担任の先生が個々のニーズを聞き出して、一緒に勉強の進め方について考えたり、的確にアドバイスをしてくれます。

 

<オーストラリアの語学学校>

一般英語コース、進学準備コース、試験対策コース(TOIEC・IELTS・ケンブリッジ検定試験・TOEFL)、ビジネス英語コースなどが主なコースとなります。

 

 

一見、どちらの学校でも自分の学びたい分野にフォーカスして学ぶことができそうですが、実際にはそれが難しい場面もあります。

 

例えば、オーストラリアで”一般英語コース”を受講する場合、リスニング・リーディング・スピーキング・ライティングの4技能を総合的に学べるようなカリキュラムになっています。

もちろん、どのスキルも欠かすことなく学ぶのは大事なことですが、「限られた時間でスピーキング力を伸ばしたい!」というような目的がある人にとっては、その授業はちょっともどかしいものになってしまうかもしれません。

 

その分フィリピン留学では、個々の弱点や目標に焦点をあてた授業を受講することができます。

 

 

 

 

その4

◎勉強のみに集中できる!

 

<フィリピンの語学学校>

基本的に、食事1日2~3食・洗濯・掃除がコース料金に含まれています。

つまり、食事の準備や掃除、洗濯にとられてしまう時間を勉強時間にあてることができるのです。

 

<オーストラリアの語学学校>

ホームステイ、シェアハウスなどの滞在方法が一般的ですが、シェアハウスやアパートを借りたらもちろん自分で家事をしなければなりません。

私がオーストラリアにいた時、シェアハウスに移るまでは2か月間ホームステイをしていましたが、その時でさえ掃除や洗濯は自分で行っていました。

 

 

日常生活の中で、家事のような自分の身の回りのことをしなければならない時間って結構多いですよね。

しかし、少なくとも留学に来ている期間だけでもそれが省けるなら、その時間を勉強やリラックス時間にあてることができます^^

これは、親子留学をされる生徒さんにもおススメのポイントです!

 

 

 

 

その5

◎より充実した内容なのに値段が安い

 

すでにご存じの方もたくさんいると思いますが、フィリピンではより充実したレッスンが、しかも格安で受講できます。

学校、コース、滞在方法によっても値段はそれぞれなので、値段の詳細を言うことはちょっと難しいのですが(-“-)

例えば、学校に同じだけの日数を通ったとすると、フィリピン留学は、航空券・授業料・滞在場所費用・生活費をすべてひっくるめて、オーストラリア留学のだいだい半分以下の値段になるかと思います。

 

 

例えば、私がオーストラリアにいた際には、滞在場所にとってもお金がかかっていましたし、一人部屋なんて高すぎて夢のまた夢でした。(Cityから離れると、値段も下がってお手頃な場所もありますが、そうすると交通費がかかってきます><)

また、物価も高めなので、外食をするにしてもごはんを作るにしても、一つ一つの出費が結構痛いんですよね。

 

その分フィリピン留学は、上記したように滞在費用から食費といったものが格安のコース料金に含まれているので、あとは飲み物やお菓子、日用品、レジャーのためのお金さえ気にしていれば、予想外の出費などに悩まされることはありません。

 

 

 

 

以上です。

今回は勉強面を中心にフィリピン留学のメリットについて書いてきましたが、その他にも温暖な気候やわくわくするアクティビティの数々、そして現地の人々のあたたかさなど、良いところがたくさんありますよ( ◠‿◠ )

 

もちろん、留学の目的などによって、ほかの国を選択されるのもありです。

私は2つの国で留学を体験しましたが、それぞれの国に違った良さがあり、それぞれの国で学んだことが違いました。

 

例えば、オーストラリアで電車を使って学校まで行くのも、滞在場所を自分で探しに行くのもいい経験で、そういう新しいことを一つずつクリアするたびに、達成感が得られました。

ただ、限られた時間の中で集中して英語学習に取り組みたい人にとっては、そういうことがもったいない時間にもなりかねないですよね。

 

なので、私がフィリピン留学を特におすすめしたい人は、

・短期で英語力を向上させたい人

・英語学習に時間を費やしたい人

・特にスピーキング力に苦手意識がある、またはスピーキング力を伸ばしたい人

・基礎から英語を学びたい人

・英語を母語とするネイティブと話すのに苦手意識がある人

・次の留学(ワーキングホリデーなど)を目指している人

 

 

以上のことにあてはまる人は、ぜひフィリピン留学を考えてみてはどうでしょうか。(^_^)

みなさんの留学がより良い充実したものになることを願っています!