フィリピン留学卒業後はマレーシアへ遊びに行って英語の練習をしよう!

フィリピンは東南アジアに位置しており、比較的どこの国にも行きやすいのが魅力!

今回ご紹介するのはマレーシア。セブから直行便も出ていますしLCCなので安く行けるのが魅力的!

片道1万3千円程度で行けちゃうんです。(大阪→東京間の新幹線より安いw)

Airasiaだと月・水・金・日に直行便が運行していますよ!

学校卒業後に英語を使う実践の場として違う国に行くのはとってもおすすめです!

今回ご紹介する旅は、どちらかと言うと『30代以上向けかも。』ちょっと贅沢してゆっくり過ごしたい!そんな方向けのレポート記事です。

✔︎セブ→マレーシア、何日ぐらい必要??

フライトが約4時間かかるので、できれば2泊以上がおすすめです。またここでご紹介するリゾート島、ランカウイ島にも足を伸ばす場合は4泊は欲しいところです!

だったら3週間の留学を2週間にしよう!ってなってしまうと悲しいですが、実践した方が英語力は伸びます!

✔︎マレーシアの魅力って?

①一流ホテルが安い!

マレーシアはリッツカールトン、ヒルトン、マリオット、セントルジスなど一流ホテルが軒を連ねています。

びっくりすぐほど安く泊まれます。

ヒルトンは世界で一番安く泊まれるホテルとして有名で、1泊約1万円で泊まれるんです!

②まるで六本木!中心部が栄えすぎでビビる!

正直、フィリピンよりちょっと栄えてるのかなーぐらいのイメージで行ったのですが都心部はほぼ六本木でした。笑 大阪よりも栄えてるかも!

③英語が通じる!

最低限の英語が通じる国なので、英語の勉強にも適しています。

ただ多民族国家と言われるだけあり、マレー系・中華系・インド系とたくさんの人種がいます。

アクセントが強く、何を言ってるのかわからないことも多々ありましたがこれも勉強!

自分のアクセントを治す必要があるな!と感じることができました。

(あまりにもなんども『I’m sorry?』と聞き直しすぎて、『私は英語を喋ってる!』ってキレられましたw)

④いろんなゴハンが楽しめる!

多民族国家なので様々な文化に合わせたレストランがあり、とっても楽しめます。

⑤消費税がない!

なんと数年前に消費税を廃止。日本とは反対ですね・・・

⑥自然と都会の融合。綺麗に開発されています。

シンガポールのような感じでした!緑が多くきちんと都市計画がされている感じがします。フィリピンとは大違い。笑

⑦歴史的建造物がたくさん!

フォトジェニックなスポットもたくさんあります。

✔︎マレーシアにGOGO!

①セブ→マニラ

今回、直行便がない日にマレーシアに行くことになったので一度マニラに入ってからマレーシアへ行きました。

マニラについてから、ターミナルを移動する必要がありました。ターミナル4から3へ移動です。

歩いていくには遠いので、タクシーかジプニーを捕まえましょう。

無料のターミナルバスがあると情報をゲットしたので待っていましたが無料ではなく250ペソ取られました。なんでタクシー使うより高いねん。笑

4時間のトランジットタイムがあったので、プライオリティパスを駆使してラウンジで巡り。

おすすめはPAGSSラウンジ。ANAラウンジとしても機能しているだけあって、クオリティ高めでした。

ここの牛丼がめちゃ美味しくてビビりました。笑

コンセントもwifiも問題なし!もちろんアルコール類も。年に2回以上、海外に行く人は絶対プライオリティパス持ってるのがお得です。

ビジネスラウンジ入れますからね・・・

通常約3万円かかる年会費が1万円で持てる方法知りたい人はMizuhoまでどうぞ。笑

②マニラ→クアラルンプール

なんだこの空港!ひっろ!が第一印象です。SIMカードをゲットして電車に乗って市内へ。

1ヶ月無制限使い放題で約1000円のデータ専用SIM でした。

約45分程度て市内に到着します。便利だったのが切符をクレカで買えること!空港で両替の必要なし。

ちなみに私は空港で1万円分を両替して、全部落としました。笑

まじでショック。

この日は夜の到着だったのでAirbnbでお泊まり。

これが1泊約5000円の部屋。ほんとホテル系が安いのが魅力的。

約50平米でしょうか。プールにジムまでついていてこの値段はめちゃ安いですね。

③クアラルンプール市内を散策

フィリピンにはDAISO(ダイソー)をパクったMINISO(メイソー)がありますが、ここにはさらにそれをパクったYUBISO(ユビソー)がありました。

伊勢丹があったりとワクワクします。

電車で移動もスイスイできるし、Grabも使えるので移動で困ることはありませんでした。

イケメンが香水のプロモーションしてたので写真撮ってもらったり。

マレーシアは日本の国土とほぼ同じ面積ですが、人口は約3千万人と少ないんです。
そのためか土地の使い方が贅沢!どこもめっちゃ広かったです。

イケメンが香水のプロモーションしてたので写真撮ってもらったり。

フォトジェニックなカフェでランチしたり。

ロールプレイングゲームのセーブポイントみたいな超高層ビル行ったり。

おしゃれなカフェで一息ついたり。緑色の液体は水です。笑

あとはローカルショップで当面の洋服を仕入れたり。

モールがめっちゃでかい!
SMシーサイドレベルがデフォルトって感じです。

夜ご飯は鼎泰豊をいただきました。

マレーシア料理食べろよ!って感じだと思うんですが、辛いものが苦手で・・・

しかも鼎泰豊が大好き!セブだと食べられないんですよねー・・・

しかも世界で一番安く食べられるらしいです。

日本だといつも2人で1万円弱(アルコールなし)なんですが、今回は5千円ぐらいでした。

✔︎大本命The ritz-carltonへ

①ワクテカのThe Ritz-Carltonにチェックイン。

今回利用したのは、クラブレベル クラブデラックスキング 約2万円/泊のお部屋です。
ラウンジを利用したかったのでクラブレベルを利用しました。一番安いお部屋だと約1万5千円で利用可能です。

②アップグレードしてくれました!

私はアメックスのSPGカードをもっているので、自動的にリッツのゴールド会員になれます。

そのためアップグレード特典がついていました。
クラブレベル スイートにアップグレードしてもらうことができました。約3万円のお部屋だったので1万分のお得ですね!

しかし無駄に広くて笑っちゃいました。笑

トイレ・洗面所2つずつ、ウォークインクローゼット、リビングルーム・・・

さすがリッツカールトン。ラウンジでは1日に5回のフードプレゼンテーションがあります。

朝ごはん・軽い昼食(全然軽くない)・アフタヌーンティ・軽い夕食・アルコール付きの軽い夕食

全部堪能してやりました。笑

プールとジムもありましたがずーっと食べていたので行ってません。笑

プールはJWマリオットと共有しているっぽかったです。

✔︎大本命②The ritz-carlton ランカウイ島へ

①リッツカールトンを堪能!

クアラルンプールから飛行機で1時間の位置にあるランカウイ島。リゾートとして開発されており、これまた5つ星ホテルが軒を連ねます。

ここでも2泊リッツカールトンを利用。

さっきご紹介したSPGカードを更新すると1泊無料チケットが付与されるので、1泊は無料宿泊・2泊は通常宿泊で利用しました。

一番グレードの引くいレインフォレスト約4万5千円/1泊を予約。

1泊は無料なので2泊で4万5千円は許容範囲ということで予約しました。

ここでもゴールド会員パワーを発揮し、なんとレインフォレストヴィラへアップグレードしてくれました。ここは約9万円/1泊のお部屋!

2泊で18万円の部屋に4万5千円で泊まることができたので、約13万円分お得になりました!

これだけで年会費ペイできますね・・・

この画像だけはwebサイトよりお借りしました。
https://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/malaysia/langkawi#HOTEL

もうここから一生出たくない・・・

と飛び跳ねてました。笑

このアメックスカード、年会費が約3万円とお高いですがすぐに元が取れるのでおすすめカードです。
下記URLから申し込むと招待特典で36,000ポイントプレゼントされますので、ご興味ある方はぜひこちらからお申し込みください。

http://amex.jp/share/mizuhoTY50?CPID=100307789

2つのプール、ジム、4つのレストランがあるのでリゾート内で完結できます。

一歩も外でてない。笑

旅してブログで稼ごう!系の胡散臭いインフルエンサーの図☝︎

著作権フリーです。ww

②さいっこうの朝ごはん!

一泊目の朝はルームサービスを頼んでおきました。

頼んだ時間ぴったりにもって来てくれる♬

エッグベネディクト!美味しかったです!

でもやっぱりセントレジスには勝てない。。。

2泊目はブッフェ。ここのブッフェ最高でした!

ここに泊まるさいは、ぜひ1日はブッフェを選んでくださいね!

エッグステーションはもちろん、ヌードルステーションもありました!

フィリピン留学のあとは優雅にマレーシアによってから帰るのもおすすめです!

私はこのような旅行をするのが大好きです。もしご希望があればなんでも聞いてくださいね!

Add friend