日本で2年間通った英会話スクール、でも外国人に道を聞かれても...

・Chihoさん 20代 大学生

マンツーマンコース / 12週間 / 4人部屋

英語レベル / ビギナー

大阪に住むChihoさんは良く京都に行くそうで、その際に良く外国人観光客に道や観光スポットを聞かれる事があるそうです。でもちゃんと答えられなくて悔しい想いを何度も経験。思い切ってオーストラリアにワーホリ留学を決心しました。でもその前に英語の基礎を固めようとフィリピン留学に来られました。


大学時代からの夢だった海外留学。まずはフィリピンで基礎からしっかりと。

Takuya
それではChihoさん今日はインタビューよろしくお願いします。

何故日本を出て海外留学をしようと思ったんですか?


Chihoさん
実は大学時代からやりたかったんですけど機会が無くて出来ずにいました。でもその思いがどんどん募ってきて、大学卒業後4年間会社勤めしながらコツコツ貯めたお金で、留学に踏み切りました。

Takuya
何故フィリピン留学を選んだんですか?

Chihoさん
オーストラリアにワーホリ留学したくてエージェントに相談したり、自分でもいろいろ調べていくうちに、いきなりオーストラリアは不安なんで事前に基礎だけでもって思い、今流行りのフィリピン留学を選びました。

Takuya
英語を学びたいと思ったきっかけは?仕事で使ってたんですか?

Chihoさん
いいえ仕事で使う事は無かったんですが、私は京都寄りの大阪に住んでて、良く京都に行くんです。京都は外国人観光客が多くて、良く道を聞かれたりお勧めの場所を聞かれる事があって、その時上手く答えられなくて悔しい思いを何度も経験したんです。それが動機の一つですね。

Takuya
日本でも英語の勉強をされてたんですか?

Chihoさん
英会話スクールに通ってました。でも2年間通ったんですが上達は感じられなかったです。ただ英会話スクールに通った事で、もっと英語を学んでみたいっていう欲が出て来たんで、そこは良かったと思います。


(母)なんでせっかく入った銀行辞めるの? だって英語が話したい!

Takuya
この留学、だれも反対しませんでした?

Chihoさん
反対されましたねーお母さんに。‟何でせっかく就職した銀行を辞めてまで海外留学するの”って。

Takuya
なるほどー 私が親でも同じ事言うかも知れませんね。どうやって説得を?

Chihoさん
実は英会話スクールに通ってた事も親には内緒にしてたんですよ。

Takuya
どうしてですか?

Chihoさん
この年で英語の勉強始めるって何か恥ずかしいじゃないですか。何で学生時代にちゃんとやってなかったのかって。
だから反対された時お母さんに‟実は私、お母さんに内緒で2年間英会話スクールに通ってたんだよ”って告白したら母も私の本気度が分かったみたいで、最終的には納得してくれました。

Takuya
Howdyでは4人部屋で生活されてましたが、共同生活に抵抗ありませんでしたか?

Chihoさん
初めての共同生活でしたけど、本当にルームメイトに恵まれていて何も困った事は無かったです。みんな仲良くて週末に買い物に行ったり、学校のアクティビティーに参加したりして、いっぱい思い出が出来ました。

Takuya
授業について聞きたいんですが、フィリピン人講師のレッスンはどうでしたか?

Chihoさん
日本での英会話はアメリカ人とイギリス人が先生なんですが、フィリピン人講師の方が断然聞き取りやすいです。ただ私が間違った英語を話したとしても、理解する能力が高いというか慣れてるんでしょうね、直してくれないでそのまま授業を進める時があるんですよ。そうゆう場合は是非直してほしかったですね。その方が私の為になりますから。

Takuya
Howdyの特徴である一人一人に担任の先生が付くアドバイザー制度はどうでしたか?

Chihoさん
聞くところによると生徒さんの中には、アドバイザーを変えたいっていう人が居るみたいですけど、私のアドバイザーは面倒見が良くて、よく学校とは関係のない事まで相談してました(笑)。とても良い関係でしたよ。

Takuya
全てマンツーマンクラスでグループクラスは受けなかったんですよね?

Chihoさん
グループクラスにはグループクラスの良さがあると思うんです。他の人の発音を聞いたり自分よりもレベルの高い人と一緒に勉強出来たり。でも私はとにかく話しまくってスピーキング力を伸ばしたかったんで、全てマンツーマンにしました。

Takuya
その結果どうでしたか?約3ヶ月の留学で英語力はアップしました?

Chihoさん
英語って上達が目に見えないじゃないですか。私はTOEICも受けたことが無いんで、点数とかも分からないですし。でも来た時よりも先生達とコミュニケーションが取れる様になったし、先生達が上達したって言ってくれるので、それが自信になりました。


Howdy留学のおかげで、次のステップを見据えて勉強に取り組めました。

Takuya
いったん日本に戻ってからオーストラリアに行かれるそうですね。

Chihoさん
はい。日本には2週間しか居ないんですけどその間も勉強は続けようと思います。身に付けるのは時間がかかりますけど、忘れるのは速いですからね。オーストラリアで仕事を見つける時って自分の英語力によって、出来る仕事の幅が変わると思うので、そこを意識して3ヶ月勉強をやって来たつもりです。

Takuya
十分やれましたか?

Chihoさん
そのつもりですけどやっぱり週末は出掛けてましたね(笑)。

Takuya
メリハリのある生活を送ってたんですね。Howdyで学んだ英語を将来生かせそうですか?

Chihoさん
英語の勉強を始めたきっかけが、ただ漠然と英語を話したいと言う理由だったんですけど、もしオーストラリアから日本に帰ってきた時、本当に英語が話せるようになっていれば、英語を生かせる仕事を探すと思います。まだ具体的にこういう仕事が良いっていうのは無いんですが、日本でオリンピックがあるんで何か役に立てないかなと思ってます。ボランティアも良いですね。

Takuya
Howdy留学はChihoさんの為になりましたか?

Chihoさん
はい、すごく有意義でした。とても楽しかったです。

Takuya
今日はありがとうございました。

インタビューを終えて
今回インタビューさせて頂いたChihoさんですが、良く多くの友達と一緒に食事に行ったりアクティビティーに参加されてて、とても活発で温和な印象を持ってました。その一方で、全てのレッスンをマンツーマンに絞って、自分の目的がブレない様考慮するあたりは、彼女の英語に対する強い決心みたいなものを感じました。せっかくなった銀行員をあきらめてまで選んだ自分の道、是非Howdy留学で得た経験と自信を生かして、楽しい人生を送ってください。

この記事のインタビュアー

Takuya

Takuya

-インターン-

卒業生インタビュー

Contact