留学体験記 5: グループレッスン(一般会話)を追加受講しました

このブログでは、40代のエンジニアが、自身の英語力底上げに奮闘するHowdyでの3週間を綴ります。

今回の記事は、「Howdyのグループレッスン」についてです。

前回の記事では、マンツーマンレッスン、グループレッスンそれぞれに良さがあり、自分に合ったレッスンを選んで欲しいとお伝えしました。そして、実際にHowdyでマンツーマンレッスンを受講し感じたことをお話しました。

今回は、Howdyでグループレッスンを受講してみて感じたことをお話します。

Profile

makoto
名前Makoto
職業/年齢40代、ソフトウェアエンジニア
留学期間3週間 (2016/4/16から2016/5/7)
受講コースマンツーマンクラス(7クラス/日)+グループクラス(1クラス/日)
英語力片言英語で日常の簡単な意思疎通はできる程度。ビジネスにおけるコミュニケーションは困難。

●Howdyには色んなスタイルのグループレッスンがある

Howdyのグループレッスンは、一般会話、ボキャブラリー強化、ライティング強化、発音強化など、注力するポイントによってクラスが分かれています。
中には、英語の歌を歌いながら、発音や発声を強化するというカリキュラム(※)もありました。
グループレッスンを選ぶにしても、自分が何を強化したいのか、ゴールに合わせたクラスを選択することが大事です。

※担当講師のPrincess先生は、本当に声が良くて、歌が上手い!

●次のステップとしてのグループレッスン

私が受講したグループレッスンは、一般会話です。

このクラスでは、テキストも使用しますが、関連するトピックについて他の生徒に質問したり、自分の考えを話したりします。
マンツーマンレッスンで講師が話していることがなかなか理解できない、自分が伝えたいことが(片言でも)言葉として出てこないという段階の場合は、まずマンツーマンでしっっかりと底上げする方が、より充実したグループレッスンになるだろうと思いました。

●グループレッスン(一般会話)を受講して良かったこと

入学時はマンツーマンレッスンのみを希望していた私がグループレッスンを取り入れたきっかけは、担任講師からの勧めです。
私の留学の目的の一つ「緊張せず会話を楽しめるように場慣れすること」の良い訓練として、担任講師が提案してくれました。

マンツーマンレッスンに比べ、レッスン中の発言量は減ったと思いますが、このグループレッスンを受講して良かったのは、

・より実践的なダイアログを身に付けることができる
・ネイティブでない英語話者の英語に多く触れることができる
・ネイティブでない英語話者に自分の英語がどの程度通用するのか知ることができる
・人前で自分の考えを英語で話す訓練になる

と言った点です。

実際、講師以外の人と英語で話す機会を得たことで、自分の中で英会話に対する敷居が下がり、会話を楽しむことができるようになりました。

●グループレッスンの副産物

講師と一対一で行うマンツーマンレッスンとは違って、グループレッスンは、開放的な教室で行われることもあり、明るい雰囲気を感じました。
一日の中にグループレッスンを挟むことで、ちょっとしたリフレッシュにもなりました。
また、他の生徒と知り合うことができるのもグループレッスンの魅力です。
グループレッスンをきっかけに、レッスン以外でも会話する機会が増え、親しくなることができました。

まとめ
以上が、Howdyでグループレッスンを受講して感じたことです。
ポイントは、

・グループレッスンで強化したい点を考える
・講師以外の英語に触れることで気づく点もある
・マンツーマン、グループそれぞれの良い点を使い分ける

です。

今回、私は7コマのマンツーマンレッスンに、1コマのグループレッスン(一般会話)を受講しましたが、もう1コマグループレッスン(発音強化)に割り当てても良かったかなと思いました。
グループレッスンも組み合わせて、より充実した楽しい留学生活を過ごしましょう!

Makotoさん 40代 スタンダードコース 体験談

留学体験記 3: 留学前の準備(2) 〜事前学習は必要?〜