留学体験記 6: 充実した留学にするためのヒント

このブログでは、40代のエンジニアが、自身の英語力底上げに奮闘するHowdyでの3週間を綴ります。

今回、最後の記事は、「充実した留学にするためのヒント」についてです。

留学には、当然お金も時間もかかります。とりわけ仕事勤めの人にとっては、留学の機会を得るのは、なかなか難しいのではないでしょうか。
今回は、この機会をより充実したものにするために、Howdyでの3週間の留学を終えて、私なりに感じたことをお話します。

Profile

makoto
名前Makoto
職業/年齢40代、ソフトウェアエンジニア
留学期間3週間 (2016/4/16から2016/5/7)
受講コースマンツーマンクラス(7クラス/日)+グループクラス(1クラス/日)
英語力片言英語で日常の簡単な意思疎通はできる程度。ビジネスにおけるコミュニケーションは困難。
まことさん

●日記を活用しよう

Howdyでは、すべての生徒に、毎日英語で日記を書くことが課題として与えられます。
「毎日?それも英語で?」と思うかもしれませんが、内容、字数に制限はありませんので、その日のおさらいのつもりで、習った単語や表現を使ったセンテンスを作れば良いのです。

そして、この日記には、もう一つ大事な利用価値があります。
それは、現在自分が困っていること、感じていること、授業への要望など、担任講師へ伝えることです。
なかなか口頭では表現できないようなことでも、日記ならじっくり時間をかけて伝えることができます。

●発音も意識する

私の場合、会話すること、伝えることに意識が行くと、発音が疎かになってしまい、ついついラフな発音になってしまいます。
その結果、頑張ったにも関わらず、話したことが伝わらないということが多々ありました。

一番簡単な例としては、「can’t」の最後の「’t」が正しく発音できずに「can」として解釈されることが何度もありました。
これでは、まったく違った意味になってしまいます。
レッスンだからこそ、慌てず、急がず、丁寧に、意識して発音することも大事だと思いました。

●身に付けるための努力、復習&予習を忘れずに

それなりに会話できるレベルの人は、毎日のレッスンをやり過ごすことは苦ではないと思います。
でも、せっかく留学してまでレッスンを受講しているわけですから、一つでも多く新たな単語や表現、会話の中で得た情報を身に付けたいものです。
そのためには、その日学習したことを振り返る復習はもちろん、テキストの事前読み込みを行う予習も大事だと思いました。
予習を行うことで、より具体的な内容の会話に時間を使えるようになり、幅広く講師と意見交換することができるようになりました。

●実践、実践、実践!

ここHowdyには、授業だけでなく、周りに多くの実践の場があります。Howdyのスタッフ、買い物先のキャッシャーやガードマン、校外アクティビティへの参加、などなど。
自身の英会話力を気にして物怖じしていては、何も始まりません。まずは、挨拶からでOK。きっとフィリピンの人は笑顔で返してくれます。その時、コミュニ ケーションがとれた喜びを感じると思います。この喜びが、自信につながり、会話することのハードルも低くなるでしょう。この、はじめの一歩、勇気を持って 踏み出してください。

●留学の目的、ゴールを明確にする

皆さんの留学の目的は何ですか?留学期間を終えた時に、自分がどのようになっていたいですか?

このことを事前にしっかりと考えておくことは、充実した留学期間を過ごすためにとても、とても大切なことだと思いました。

これが曖昧だと、講師も何に重点をおいて指導すれば良いのか、また現在の習熟度とゴールとのギャップが分からないため、効率的な指導ができません。
特に短期になれば、なるほど、注力する点を明確にしておかないと、無駄に時間を過ごすことになってしまいます。

まとめ
以上が、私が思う留学を充実したものにするためのヒントです。
ポイントは、

・日記を復習と講師への連絡の場として活用する

・復習だけでなく、予習でレッスンをより充実したものに

・レッスンだけでなく、いろいろなところで実践しよう!

です。

私の体験記を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
3週間という留学期間は、長いようで、あっという間の体験でした。
私にとっては初めての留学で、学校生活にも慣れ、レッスンのポイントや講師の特長が分かってきたところで、終わってしまったという感じです。
それでも、Howdyで過ごした3週間は大変貴重なもので、私の自信につながりました。

私の体験記が、少しでも留学を検討されている方の参考/後押しとなり、多くの方が留学に踏み出されることを願っています。
今回このような機会を与えていただいたHowdyの皆さん、そして家族に感謝します。

Makotoさん 40代 スタンダードコース 体験談

留学体験記 3: 留学前の準備(2) 〜事前学習は必要?〜