これからは「英語は話せて当たり前」、そんな時代の波に乗り遅れたくない。だから私はフィリピン留学を選んだんです。

氏名:Moe Kurihara

年齢:26歳

コース:1カ月マンツーマン9コマ、2カ月目スタンダードクラス

職業:アパレル関係

期間:2カ月

部屋:1人部屋

留学の目的:旅行で英語を使いたい

最初の英語のレベル:ビギナー

今回私がインタビューさせて頂くのは、小顔で身長も高くって、スラーッとしたモデル体型のMoeさん。女性の私でもドキッとしてしまいそうな素敵な笑顔とお茶目な関西弁。彼女がなぜHowdyで英語を学ぼうと思ったのかをお伺いしたいと思います。(その美しさキープの秘訣も一緒に聞きたいなー笑)

<フィリピン留学を決めた訳>

Akane
なぜ海外で留学しようと思ったんですか?

Moe

海外旅行が趣味で、英語を学ぶと様々な国の人と交流の幅がもっともっと広がると思ったからです。
でも私、学生時代から勉強する事が大嫌いで…。英語を学ぶには海外に行って生きた英語を肌で感じないと覚えることは出来ないなって思って留学を決意しました。

Akane
海外旅行が趣味という事は色んな国に行かれてるんですよね⁉数ある留学先からどうしてセブ島を選んだんですか?

Moe
実は私セブ島が大好きで過去に5回も旅行でここを訪れてるんです。セブ留学の決めては、まず時差がほとんどないところ、次にマンツーマン授業なのに先進国の半額以下で留学できるところです。

Akane
5回も‼セブの魅力に惹かれて留学先に選ばれたんですね。では次は、沢山の語学学校がある中でなぜHowdyを選んだんですか?

Moe
セブ島内の他の学校に留学していた友人が「アリや虫が沢山出た」と言っていたので、「虫と一緒に生活する学校なんて絶対嫌ッ!」って思って学校を探しました。そんな時、知人に「Howdyは施設が綺麗でご飯もすごく美味しいよ」って聞いてここに即決しちゃいました。聞いていた通りHowdyではそんな大嫌いな虫に出会う機会はありませんでした。もう一つ重視したポイントが食事で、私好き嫌いが多くて、食べられない物が沢山あって…。Howdyの食事は日本人シェフが作る日本人のための食事で、さらに好きなおかずをバイキング形式で選べるというのも魅力でした。


<Howdyで得たたくさんのモノ>

Akane
Howdyでの授業はどうでしたか?

Moe
私、初めの1カ月はマンツーマン授業を9コマ、2カ月目はマンツーマン5コマ、グループクラス2コマ受講しました。初めの頃はマンツーマン9コマはほんとにしんどかったです。過去形とか未来形とかも全く分らないくらいの初心者で、知っている単語の羅列で何とか先生と会話をしてました。でも1カ月くらいたった時に「あっ、私英語が使えるようになってる」って気づいたんです。根気強く教えてくださったアドバイザーや他の先生方のおかげです。

Akane
なぜ途中からコースを変更してグループクラスをいれたんですか?

Moe
最初の1カ月間で身につけた基礎知識をグループクラスで使ってみたいと思ったんです。そこで職業も年齢も違うクラスメイトの方々と仲良くなって、一緒に街に買い物やレストランに出かける機会も増えて、学校の外でも英語を使える機会が多くなりました。学校以外でも英語を使うことが出来るのが留学の魅力だと思います。

Akane
学校で習った英語をすぐに、実践で使ってみる事が出来たんですね。ぶっちゃけ、2カ月の留学で英語力はどれくらい上がりましたか?

Moe
初めは簡単な質問に何とか単語で答えるという感じで…。正直10分椅子に座っているのも辛かったです。2カ月経って、今は自分の言いたいことを相手にしっかりと文章で伝えられる様になりました。英語は一段ずつ階段を上っているようなもので、一歩進むごとに「今、私成長してるな」って実感できるんです。今はもっと単語力を付けたいという次の階段を登ろうとしています。
でも日本に帰ったら英語を話す機会がグッと減ってしまうので不安ですね。こうやって毎日英語を話せるHowdyの環境がどんなに素晴らしいものかを改めて実感することになると思います。

Akane
勉強が嫌いで10分椅子に座るのも苦痛だったとの事ですが、何か工夫した勉強方法を教えて頂けますか?

Moe
今まで勉強をまじめにしたことがなかったので、勉強ってどうやってするのか仕方が全く分からなかったんです。でも人よりはコミュニケーション能力はある方だと思うので、とにかく自分から“話す”。間違っててもいいからとにかく“喋る”。日本人ってそれが苦手な人が多いですよね。あとは私、アドバイザーに「今日はこれを教えてほしいねん」って疑問点や知りたい事をどんどん持ち込んでいました。アパレル系の仕事をしていたので「お店で使うワードを教えてほしい」とか。分からない事とか、疑問に思うことを素直に恥ずかしがらずに聞くことが大切やと思います。それがステップアップの秘訣です。

Akane
アドバイザーの先生にどんどん質問をして色々な事を教えてもらったんですね。先生はどんな方でしたか?

Moe
私のアドバイザーは最高のベストフレンドです。授業中も勉強だけじゃなくって友達の話とか恋愛の話とか、ほかにも沢山。彼女と話すことでフォーマルな英語からカジュアルな英語まで学ぶことができました。ずっと同じ先生が見てくれるアドバイザー制度は本当に良かったです。なんでも言い合えて相談できる仲でした。他の学校ではこんな制度は無いですよね?私の事を本当に良くわかってくれていたので、お別れするのがとても寂しいです。

Akane
アドバイザーとも良い関係を作られてたんですね。学校以外ではどんな思い出がありますか?

Moe
印象に残ってることは学校の隣でやっているズンバですね。ズンバのおかげで痩せました。

Akane
本当ですかッ⁉

Moe
週3回参加して、お腹のお肉がなくなってシェイプになりました!今日も今から最後のズンバに参加してきます。踊ることが好きなので勉強のストレスもズンバで発散できました。健康になれるし、無料ですし、日本でも開催してほしいです。先生も多く参加してるので、そこで会話が始まって、新しい出会いなんかも沢山ありました。


<これから次のステップへ>

Akane
今後の予定を教えて頂けますか?

Moe
私は、他の人みたいにこの後留学に行くとか明確な目標は無くって、海外旅行で英語を使いたいなって思ってます。Howdyでレベルアップして、今までできなかった事が出来るようになってると思います。

Akane
英語のサイトで航空券を予約できたりする様になったんじゃないですか?

Moe
なりました。英語の画面見て予約したり、空港のカウンターでも交渉等が出来るようになりました。

Akane
これからは英語が出来ないから諦めてた場所にもどんどんチャレンジできますね。

Moe
そうですね。とても強くなったと思います。今までは英語が分からなかったから自分に自信が無くって、したかった事が出来なかったけど、今からは英語が分かるのでどんどんチャレンジできると思います。

Moe
あとは仕事でも英語を活かせると思います。アパレルの仕事を休職して留学させてもらってるんですが、外国人のお客さんも多くいらっしゃるので、職場仲間から「戻ったら英語担当なー。教えてな。」って、言われてます。

Akane
英語担当頑張ってくださいね。これからHowdyに留学される方へアドバイスを頂けますか?

Moe
ここの環境はとても恵まれてて、ほとんど日本と変わらない様に生活できます。もし何かあったとしても日本人のスタッフも沢山いらっしゃるので心強かったです。授業では積極的に話すことが必要だと思います。あとは授業を欠席しない事。私授業を一回も休んだことはありません。日本人の方って体調管理が苦手だと思うんです。でもここはお医者さんの往診も在るし、日本食だし、きれいだし。Howdyで困ることって何にもなかったです。あとは自分がどれだけ英語に向き合うかだけですかねー笑 

Akane
あとはやる気次第ってことですね。

Moe
そうですね。大切なのは自分から一歩踏み出して喋ってみる事だと思います。日本で習う英語ってグラマーばっかりですよね。それでは喋れないですよね。これからは何するのにも英語必要になると思います。使えて当たり前の時代ですよね。その波に乗り遅れたくなくって。だから私はここ、フィリピンに来たんです。


インタビューを終えて
修了式の日、アドバイザーと抱き合って別れを惜しんでらっしゃったMoeさん。アドバイザーと本当に素晴らしい関係を築いてらっしゃったのだと思います。「アドバイザーともっと話せる様になって、仲良くなりたい」それが彼女の心を動かした要因の一つなのかもしれません。時代の波に乗り遅れたくないと仰っていた彼女の目はとても輝いていました。私もそんなMoeさんと同じようにその波に是非とも乗りたいものです。Moeさん、次のステップでのご活躍をお祈りしています‼

この記事のインタビュアー

Akane

-インターン-

結婚7年目。主人の理解得て、30歳でセブ島インターンを一大決心

卒業生インタビュー

Contact