フィリピン留学をするなら今でしょ!シニアの方にも安心のフィリピン留学といえば・・・

お名前:Nobue Kobayashi

年齢:60歳

コース:マンツーマン9時間 3週間

 

こんにちはシニアインターンのTAKAです。本日はカタカナ英語からの脱出に四苦八苦しているというNobueさ

んのお話しをお伺いします。

 

★Nobueさん、こんにちは、まず簡単な自己紹介からお願いできますか。

3320

 

はい、私海外旅行が好きでヨーロッパにもよく行くんですけど、ガイドさんはどの国に行っても英語で話されているのでやっぱり英語を話せなきゃダメだなと実感したのと、私昔の先生もろくに話せなかった時の英語しかしらなくて、発音が全然ダメだから日本でも先生について英語を習ってました。

 

★今回海外留学しようと思い立ったきっかけは何ですか?

もともとタイに遊びに行くつもりで休みを取ったんですけど色んなパンフレット見てるうちに「フィリピン留学」というのを見つけて、そうか、海外で英語を勉強するのは今かも、と思ったんです。で、セミナーにも参加して決めたんです。

 

★欧米などの留学先は検討されたんですか?

もともと1週間位の休みのつもりだったので遠くはあまり考えなかったし、セミナーの人がセブは英語を学ぶには最高のところですよ、と言っていて、前に私マニラに行ったことがあるんだけどそこより全然安全だし、ということで。

 

★セブには語学学校がたくさんあるわけですがその中でHowdyに決められたわけは?

セミナーの人が言ってましたけどHowdyが一番日本人向けという評判らしくて、食事もおいしいし、すぐのところにモールがあるのでちょっとした買い物がすぐできる、ということもあって決めました。来てみたらその通りなんで良かったです。食事も本当においしいし、買い物も歩いてすぐだし。

 

★1週間のつもりが3週間にされたんですね、それも9時間コース。

たまたま仕事の内容が割と自由がきくのでせっかく行くならと思って3週間にしました。マンツーマン9時間というのも話聞いているうちにそうなっちゃた感じ。最初は英語が全然できない私と日本語が全然できない先生とどうやってコミュニケーション取るかが課題で。で全然取れなくて、もう泣きたくなって最初のうちは日本に帰りたいと思いました。日記書けって言われたって全然書けないし、私カタカナ読みなもんだから単語のひとつも聞いてわからない、言ってわかってもらえない。もう止めたいって。

 

★でももう2週間過ぎて最後の週に入りました。よく続けられましたね。

助けてくれた人たちがいたから。同期で入学した若い人たちがフォローしてくれたし、私も同じで最初は全然わからなかったよって言ってくれて。先生たちも本当に良くしてくれた。こっちがもうできないってなった時、じゃもう一回元に戻ってゆっくりやろうって言ってくれたし。何とか最後までやろうと思うようになりました。

 

★この調子だと大丈夫ですね。それでは最後に日本に帰ってからのご予定など聞かせて下さい。

 

勉強したい。また英語の先生にもついて。私何もできないうちに来ちゃったから今度はある程度わかってからもう一回来たい。先生の発音が耳に残っているから忘れないでいたい。発音をちゃんと勉強したい。

 

★今日は時間を取って頂きどうもありがとうございました。

 

後日談:実はインタビューの前日、足の筋肉を傷めたようで足を引きずって歩かれていました。翌日クラスを休む予定でおられましたが午前中のみ大事を取って休み、午後からは元気に出席されました。大好きな先生たちがいるから休みたくないんだ、とのことでした。卒業式ではその先生といっしょに泣かれていましたね。Nobueさんのスピーチはちゃんと通じていましたよ。とても感動的でした。