才色兼備なAimiさん、新たにセブで彼女が感じたものとは?

名前:Aimi さん
コース:インターン
以前の職業:システムエンジニア
期間:9か月
お部屋:4人部屋

私たちインターンがとてもお世話になったAimiさん。9か月のインターン業務を終える為、インタビューをさせて頂きました。趣味はお茶、社交ダンス、トロンボーン、ピアノ、声楽、旅行、読書、ミュージカル鑑賞、お菓子作り、飲茶と驚くほど多趣味で仕事も確実にこなすAimiさん。Howdyを去られるのは我々には痛手なのですが、気を引き締めてインタビューさせて頂きました。

Aimi インターン


Sakiko
初めに自己紹介をお願いします。

Aimi
Aimiです。
以前はシステムエンジニアをしていました。

Sakiko
留学は何度目ですか?また留学のきっかけは何ですか?

Aimi
以前オーストラリア留学を経験したので今回は2回目の留学になります。きっかけは世界一周に行きたいと思った事、そしてワーホリに行くのに最後のチャンスだと思ったからですね。

Sakiko
具体的にどんな勉強をしましたか?

Aimi
私が通った学校はもともと英語の勉強があった学校ではないので、全然勉強していなかったのですが、オーストラリアに行く1年程前からちゃんとやろう!と思い本格的に自主学習をやり始めました。
最初はオンライン英会話をやり、その後音読やシャドーイングをやりました。
日本人の英語コーチをつけて発音の勉強もしました。
オーストラリアでは語学学校へ行ったのですが、その時点でIntermediateから始めたいと思っていたので、そこを目標に勉強していました。

Sakiko
オーストラリアでの生活は?

Aimi
半年間滞在していて、その間に2つの語学学校に行きました。合わせて3か月くらいですね。
他にはパブリックスクールの日本語教師のアシスタントをボランティアでしていました。
それ以外はのんびりとオーストラリアを満喫していました。

Sakiko
Howdyの授業はどうでしたか?

Aimi
1日4時間の授業なので大変ではないですね、
グループクラスは色々なレベルの生徒が一緒になって授業を受けるのですが、時間が経つにつれてグループの仲間の成長が見えたのが楽しかったですね。
マンツーマン授業の内容はもちろんの事、先生達と大学時代の話、家の話、考え方や経験を聞くと日本人より断然、大変な思いをしているのに、それでも熱意を持ってやっているところがとても好感が持てました。そして、やはり日本人は恵まれていると...思いました。
また、何か新しい事にチャレンジしたいと思っている人は、日本人とフィリピン人とのハングリー精神の違いなども勉強になると思いました。

Howdy の先生達の授業はどうでしたか?

Sakiko
Howdy の先生達の授業はどうでしたか?

Aimi
いい意味で先生との距離が近いなと思いました。
セブで他の学校に行った事はないのですが、オーストラリアでは基本グループ授業なのでグループ内の生徒同士が仲良くなる事はあっても、先生とはここまで親密にはなれませんでした。ですがHowdyの授業はアットホームな雰囲気があって機械的な感じではなく、個人個人の関係性が濃いと思いますね。

Sakiko
Aimiさんはとても先生と仲良しですよね?

Aimi
私は最初の3か月くらいは先生が固定だったので他の先生をそんなに知らなかったのですが、ホテルプラン( 夏休み限定企画の、ホテルに滞在しながら学ぶ親子留学 )を担当した事で色々な先生と仲良くなりました。団体の担当になったりすると先生とのやり取りがあるので関係性が深まると思います。

先日TOEIC受けて結果はいかがでしたか?

Sakiko
先日TOEIC受けて結果はいかがでしたか?

Aimi
オーストラリアに行く前に受けたとき700未満でしたが今回800を超えたので良かったですね。
ただ、自分としてはもう少しReadingが取れたらよかったなという思いがあります。

Sakiko
インターンのお仕事はどうでしたか?

Aimi
私にとっては、そこまで難しくなくて全体的にゆったりやっていました。
ただ、色んな事をやらせてもらいました、イベントでMCを行い、長期の団体のコーディネーターやホテルプランなど、他ではできない経験ができました。

Sakiko
これからインターンをやりたい人へ何かアドバイスはありますか?

Aimi
授業中のConversationは先生が合わせてくれる所が助かりますよね。
でもインターンとして仕事するとなると、そうではなくてちゃんと誰から聞いた話を
「何を言いたいのか?」「何を伝えるのか?」って事を自分で解釈してそれを、先生やスタッフに伝えなければいけないので、英語のスキルを強化できると思いますね。
インターンの仕事が厳しいと感じる人もいるかなと思いますが
でも日本のような厳しさはないと思います。
フィリピンは日本より緩いかなと感じました。気負わず挑戦してみてほしいですね
お仕事と勉強 リラックスしつつ、メリハリをつけて頑張ってください。

Sakiko
インターンとしてやっていくには何が必要だと思いますか?

Aimi
学ぼうという姿勢や熱意を持っているといいと思います。
そして、ほとんどのインターンが日本人なので仕事を教えてもらう時は日本語で分かりやすく教えてくれるので、インターンとして働き始める難しさのハードルは低いかなと思います。

Sakiko
今後の予定を教えてください。

Aimi
この後は日本へ帰ってどこかに就職しょうと思っています。
就職して、週末やお仕事がお休みの時には、英語で「お茶」を外国の方たちに教える予定です。
また、スペインやブラジルに友達がいて旅行に行きたいなと思っているので、スペイン語も学ぼうかと思っています。
英語とスペイン語が出来れば世界中どこにでも行けますからね。

インタビューを終えて
Aimiさんはいつも笑顔で沢山のお仕事を教えて下さいました。
特にパソコンは何度となく分かりやすく教えて頂き感謝感謝の気持ちでいっぱいです。
また色んな知識を持っていてそして多趣味で多才。
一緒にお仕事ができて良かったです
これから新しく始まる日本での生活
ますます能力を発揮して楽しんでください。

この記事のインタビュアー

Saki

-インターン-

フィリピンにきて、先生達から日々元気もらってます!

卒業生インタビュー

Contact