セブ留学インタビュー

短期留学に必要なのは「目的意識」〜短い期間を有効に使う!〜

留学生インタビュー

在学中の留学生にHowdyの体験談を語っていただくコーナーです。

名前 Nさん
年齢/職業 50代/製造業品・質管理
期間 18日間
コース ビジネス

__

セブ留学インタビュー
――Howdyに来るきっかけはなんですか?

かなり年をとってきたのですが、若い人が頑張って英語を使って仕事をしているので、若い子たちに負けてはいけないなぁ、迷惑をかけてはいけないなぁと思って、もう一度英語を使えるような状態にしたいと思いまして、留学を考えていました。もう一度というか、一度も使えるようになったことはないんだけど(笑)

年末年始に集中して勉強したいと思っていて、国内でも集中講義やなんかは開かれていることが分かったのですが、でもやっぱり年末年始というのは限られているので毎日確実に授業があるわけではなかったんです。そしてフィリピンに行けば一週間丸々授業が受けれると知ったんです。そういうことでフィリピンへの留学を考えたわけです。そしてフィリピンの中でも特に休みの少なかったHowdyを選びました。2週間と限られていたので、すべての費用を英語の学習に充てたいわけです。しかも安く行ければ一番良くって。英語学校はセブとマニラに集中しているのですが、年末年始になるとマニラの方は数万円航空券が高いんです。それでセブの方が安くつくのでセブを選びました。

 

――お仕事で英語を使う機会が増えてきているんですね。

そうですね。工場で働いていて原料などが今までは国内からの調達が多かったんですけども、今はかなり海外から原料を入れたり、中間製品を海外から入れてきたりする場合が多くなってきて、海外に対して満足しないものが入ってきた時に苦情を言うとか、あるいは必要な品質の確保されてるものをタイムリーに入れてくるということで、海外とのコミュニケーションが大事になってきているんです。

ただのメールだけではなくて、最近では特に電話会議とかも結構開かれるので。そんなことで話したり聞いたりできるようなスキルを特に学ぼうという風に考えました。

それで自信を持って会議に出られればいいなと思いました。

 

――話す、聞く、というスキルを身に付けるためにHowdyで力を入れて取り組んだことはありますか?

話すことに関しては発音についても勉強したことがなかったので話すに当たっては発音もできるようになりたいなと思いました。

そして話すことへの自信もないし、少しでも自信を持てればいいなと思いました。

どの先生も私について知っていてくれているというのがいいですね。この学校は規模が程よくて先生方と顔と名前が一致して、そういったところも安心感があります。

特に担任の先生はいつも私のことを気にかけていてくれて、例えば50分の授業が終わると10分の休憩時間の間に進捗状況を次の先生に引き継いでくれたりしてくださるので、全く同じことを別の先生からもう一度聞くという重複した授業になるわけではなくて、関連させながら別のことを教えていただけるので前に進んでいる感じはありました。

担任の先生は私の弱点をよく知っていてくださりそれを伸ばすアプローチをよくしてくれているなぁと感じます。

 

――Howdyで2週間学んで伸びた実感はありますか?

ひとつはここの先生がとても熱心なのでその熱意が伝わってきて自分に自信がついたり自分を表現できるように変わっていったというのが大きな実感ですね。Speakingもそうですし、喋ることにも全く自信はなかったので、それが少しだけ「喋ってもいいかな」というような状態までにはなってきたなぁと思っています。

例えば、分からないことがたくさん出てきてもその中で特にその言葉がないとそのあと続かないような言葉がありますよね。そういう場合には、聞き返すということが必要になってきます。

そこで私は、「聞き返してもいいんだ」と思えるようになってきました。それはやっぱり自信なんですけどね。

 

――フィリピンでの生活についてお聞きします。海外で生活していて日本との違いを感じることはありますか?

それはありますね。来てすぐにやっぱりお金は自分で換金しなきゃいけないし、そのためには必要な手続きをするのに用紙に記入をしたりというところではまずはそこから英語を使うことになるので、まずはそれがセブの始まりですかね。

日本では自分を守っていなくても危険は少ないですが、ここは自分で自分を守っていないと交通事故に遭う可能性もずっと高いだろうし、もし遭ってしまえば大きなけがにつながっていくので道を渡るにしても相当覚悟の上で渡らないと(笑)そういう面では海外に来ているんだなぁと実感しました。それはネガティブな意味ではなく「生きている」という実感でした。

フィリピンの人たちは生きるために必死なところが見えてくるので、わたしたちもそれに学ばなければいけないぁという風に、より実感しました。

 

――最後になりますが、これを今見ているHowdyを検討している人に向けて一言メッセージをお願いします!

短い時間ですべて学べるわけではないので、目的意識を持って来るべきですね。そしてここで熱心に学べば大きな力と自信が付いてきます。

実際、ほんとに英語のスキルが上がるかというと自信が付いたという点では上がってるなぁと思いますが、すぐに使えるというものでもなさそうなのでこの後も継続して学んでいけたらと思います。あと、使うこと。使うことでさらに学んでいけるんだろうと思います。