セブで培った英語力・海外経験を将来に生かしていく-桜丘中学高等学校-

桜丘高等学校

期間:10週間

部屋:4人部屋

コース:高校生団体留学 「マンツーマンクラス6コマ、グループクラス2コマ」

団体でお越しの桜丘高等学校より、選抜させて頂いた二名のインタビューです!10週間の留学生活もいよいよ残り1週間を切りましたが、それぞれの留学生活はどのようなものだったのでしょうか。夢と希望で溢れている二人に、今後の目標も併せてインタビューしました!

Hibiki:Momoka

≪慣れない環境での困難を乗り越えるには≫

Mei
残り一週間を切りましたが、今の心境はいかがですか?
Momoka
ここに来る前は10週間って意外と長いなと思っていたんですけど、あっという間でした。

Hibiki
僕は逆でした。来る前からあっという間なんだろうなって分かっていて。逆に残り一週間になって日本に帰るのを意識してから、時が経つのが遅くなったんです。集中できてないのかなって思います。最初の一週間が終わってから八週目まであっという間だったんです。

Momoka
プレゼンがある時は一週間の目的がプレゼンにあてられるので、アドバイザーとその練習ばかりしていて早く感じます。

Mei
二人ともプレゼン頑張っていたもんね。

セブに来て一番の思い出は何ですか?


Hibiki
アイランドホッピング!!先週行ったばっかりだったからかも知れませんが、リゾートです。

Momoka
綺麗だったよね!プールなんですけど、ホテルが海岸にあるからプライベートビーチみたいな。私の背伸びでアゴくらいまでの高さでした。

Hibiki
それが満潮のときで、干潮のときは浅いんです。最後の方は浮いていました。ウニがたくさんいるんです!

Momoka
でも、私の一番の思い出はプールじゃないです。一番最初のプレゼンが私の中で残っています。最初だから、みんながどこまでやってくるのか分からないし、どんな雰囲気なのか誰が見るのかも分からなかったので。いくら日本でやっていたといってもこっちでは初めてだし。かといって英語を理解している人が聞いているから下手な英語は使えないし…。

Mei
大変だったけど、それがMomokaちゃんの一番の思い出になったんだね!

Hibiki君がセブに来て一番大変だったことは?


Hibiki
ここでの生活に慣れるまでが一番大変でした。僕は女の人と話すのがあまり得意ではないうえ、外国人の先生とのマンツーマン授業に慣れていなかったからです。今は毎日授業を受けている為、慣れてきました。

Mei
Momokaちゃんはプレゼン、Hibiki君は生活に慣れるまでの大変さを、それぞれどう乗り越えましたか?

Momoka
一番はアドバイザーかな。どういう風にやるのか、どういう構成でやったら良いのかっていうのを説明してくれました。全部アドバイザーが決めるわけではなく、出してくれた選択肢の中から自分で決めていました。アドバイスを貰って手直しをしてまた貰って変えて…って、全部自分にかかっていましたね。これが一番自分にとって良いんじゃないか、思っていることに近いんじゃないかっていうのを二人で話して作りました。

Hibiki
僕は慣れですね。あとはアドバイザーがありのままで良いよって言ってくれたので頑張れました。


Hibiki:Momoka

≪英語だけではない、留学生活で身に着けた自信・自立心≫

Mei
ここでの経験で身に着いたことは、どんなことがありますか?
Hibiki
英語で喋ることに自信が持てた!
Momoka
自立心!今まで頼っていた親がこっちにはいないじゃないですか。いくら代わりにアドバイザー頼れても、朝起きること、夜寝る時間、部屋でやるべきこととかなんでも自分でやらなきゃいけないので。
Mei
なるほど。
Hibiki君は勉強以外の面で成長したことは何かありますか?
Hibiki
ん~…。それは日本に帰ってから気づくのかもしれません。
Momoka
自信を持てるようになったことは大きいと思います。日本にいたらあんまり言われないことがこっちでは言われるじゃないですか。「あなた〇〇だよね」っていう誉め言葉を、こっちに来てからすごく言われました。
Mei
フィリピンの先生はポジティブな先生ばかりだから、良いところを見つけてくれるよね!授業はどうでしたか?
Hibiki
良かったです。先生がたくさん喋ってくれるので、こっちも喋らなきゃ!ってなるし、授業も個人レッスンで、その人のレベルに合わせてくれるからやりやすかったです。
Mei
マンツーマンとグループどっちが好きですか?
Hibiki
マンツーマンです!自分のレベルに合っているから。
Momoka
私もマンツーマンの方が好きです。最初にアドバイザーが自分の苦手なところを強化するためにそれに合わせた授業を入れてくれて、授業後に報告するのが毎日だったんですよ。最初は発音からやっていこうって計画立ててくれていたので、今発音は変わったのかなって思います。最初の頃は単語を言いたくても先生に「もう一回言ってもらって良い?」と聞き返されて二回目で理解してくれたんですが、今はそのまま通じてスムーズに会話ができるようになりました。アドバイザーのおかげだなと思います。グループだと日本人に頼っちゃうところがありました。

Hibiki:Momoka

≪新たなる目標に向かって≫

Mei
来年来る桜丘の後輩たちにどんなことをアドバイスしたいですか?

Momoka
去年Howdyに行った方から教わった、「何を持って行った方が良いよ」とか伝えたいっていうのもありますし、10週間っていうのを最初に身構えておかないと辛いのかなって思います。

Hibiki
自分が必要だと思うものを全部持って行っちゃえば良いです。家移動するかんじで(笑)なるべく自分が過ごしやすい環境を作るっていうか。俺がそうだったんですけど、何があるか分からないので。トイレの消臭元も今部屋にありますよ!

Mei
本当に?(笑)快適?その方が真剣に勉強に取り組めるかもしれないね!
Hibiki
はい。他に不安要素を抱えたくないっていうのがあって。あとは最初の一週間みんな風邪引いていたので、寝るときのエアコンの使い方などを教えたいです。俺ら最初に20℃で寝ていたんですよ。そうしたら一人ずつ風邪を引いていってしまって。
Momoka
一人引くと部屋が一緒だからどうしても広がっちゃうんですよ。
Mei
一人一人の体調管理も必要になってくるね。
Hibiki
ハワイ留学に行ったときも引いていました。
Momoka
でも今はもうエアコンの使い方が分かったので!
Mei
あと一週間体調を崩さないようにね!今ハワイにも行っていたと話にあったけど、今まで行った国とフィリピンとの違いって何だと思いますか?
Hibiki
あんまり俺ら外に出られないから町の状態とか肌で感じていないんですけど、見たかんじ貧困層が多いなっていうのが。

Momoka
私は車が自由だなと。一度ドライバーさんが言っていたんですけど、運転するときは強い気持ちを持たないと進めないって。自分が行きますアピールをして運転するそうです。

Hibiki
それは性格じゃない?聞いた話ですけど、国によってはトラックとかがバーッて通っていても、気が強いおばさんが来たらみんな止まるらしいんですよ(笑)本当にキャラクターっていうか、気持ちの問題かも。

Mei
Howdyのインターンになりたいと思う?興味ある?

Momoka
やりたいです!

Hibiki
面白そうです!

Momoka
でもインターンって大学生以上ですよね。高校生で出来ないのが悲しいなって思います。

Mei
もし今インターン生になれたら、どんな仕事をやってみたいですか?
Hibiki
通訳とか面白そうですね。ちょっとふざけて違う事伝えてみたりして(笑)それこそ俺らは東京オリンピックがベストのチャンスなんですよ。ちょうど20歳になっていて英語も喋れるようになっていると思うので、ボランティアなんかも出来るのがすごく楽しみです。
Mei
すごく良い目標!活躍できるね!Momokaちゃんは?
Momoka
英語が良く分からない日本人の方をサポートしたいです。私もされて嬉しかったので!
Mei
もうすぐ帰国ですが、日本に帰ってからしたいことは何ですか?

Momoka
お風呂入りたい!バスタブに浸かりたい…!

Hibiki
家のお風呂が良いです。

Mei
今ちょうど日本冬だから…良いなあ!
Hibiki
お先に失礼します(笑)
Mei
(笑)他に何かありますか?
Hibiki
とりあえず自由に動きたいですね。あと一人になりたい!
Mei
ずっと集団での生活だったからそれもあるだろうね。次はどこの国に行きたいですか?もしどこでも行けるとしたら!
Hibiki
発展途上国!でもなあ…先進国!
Mei
どっち?(笑)混ざっちゃってるよ!色んな国に行きたい気持ちがね!

Hibiki
そうなんですよ。まずヨーロッパに行って色々な国を周りたいです。ドイツからスタートしたいですね。親の新婚旅行がドイツで、そこに友達がいるので。最終的にはアメリカかオーストラリアに永住したいです。

Momoka
私はキリバス共和国に行きたいです!フィリピンより全然発展していない国なんです。ここにいるとあんまり外に出られないから、フィリピンにいるけど本当のフィリピンを知らないじゃないですか。なんとなく聞いたり、土日のボランティアに行ったりしたくらいなので。今度は自分の目で、自分で決めて行ったところの世界を見たいです。ネットで見たものは信じられないので。

Mei
すごく良い夢だと思います!先ほどの質問も含めて、今後の目標を教えてください。
Hibiki
早く英語を喋れるようになりたいです。その為にもっと英語を勉強しなきゃいけないなって。早くバックパッカーとかしたいんですよ。
Mei
絶対大学生活楽しいじゃん!
Hibiki
それ色んな人に言われます。去年の夏もしようと思ったんですが、出来なかったのでしたいですね。
Mei
夢で溢れてるね!まだ10代だから、計画立てたらどこまでも行けちゃうね。Momokaちゃんは?
Momoka
日本にいると、今ほど時間も質も英語漬けっていうのは出来ないじゃないですか。少しだけでも続けていけたらなと思います。普通の授業だけでなくて、自分から進んでやっていければと思います。
Mei
さすがだね。二人だったら出来ると思う!これからも頑張ってください!
インタビューを終えて
帰国を目前にして留学生活を振り返っている時の二人は少し寂しそうではありましたが、それ以上に将来への夢や希望を語る生き生きとした表情が目に焼き付いています。今回インタビューをした二人だけではなく、桜丘の生徒さんは全員、一人一人強い意志と目標を持って学習していました。また、いつも明るい皆さんがいなくなってしまうのがとても寂しいですが、皆さんの今後の活躍を心よりお祈りしております。頑張れ高校生!!

この記事のインタビュアー

Mei

Mei

-インターン-

夏と海が大好きな祭女。セブ島絶賛探検中。

卒業生インタビュー

Contact