4週間の企業派遣でTOEICの模擬試験335点アップ!! 個々のレベルに合わせる事が可能な柔軟な対応で確実にレベルアップをめざすHowdy留学!

Masaki Tawa  32歳

コース:ビジネスクラス(マンツーマン6、グループクラス3、土曜日も同様)

期間:4週間

英語レベル ビギナー

NTA(日本旅行)の社員の中でも稀有な存在のTawaさん。NTAのオフィスではなく外資系大手製薬会社内に勤務しているそうです。そんなTawaさんに訪れた最大の危機、TOEIC550点越え!
与えられた4週間という限られた期間の中でどうやってその難題を突破したというのでしょうか。

Takuya
本日はお忙しい中インタビューお受け頂きありがとうございます。
今回の研修の目的と研修内容を教えてください。
Tawaさん
私たちの営業本部では、お付き合いしているお客様にグローバル企業様が多いので、ビジネスをスムーズに進めてゆくには英語のスキルが無いと難しい部分があるのでそこを強化する為だと思います。
内容としては、ビジネスクラスというコースで土曜日も含めて4週間学ぶというものです。
Takuya
ビジネスを進めてゆく中で、英語でのコミュニケーション力が必須になって来ているという事ですね。
Tawaさん
そうだと思います。私の場合は日本旅行の社員なんですが、外資系製薬会社の中に常駐して仕事をさせて頂いています。日本旅行の支店には居なくて、家から直接製薬会社様のオフィスに通わせて頂いています。
例えば新薬の発表のシンポジウムなどを開催するときは、関係する領域が専門の先生方を日本各地から集めて、新薬の効能などのお話をしてもらうなど、いわゆる通常の社員旅行とかの手配などではなく、講演で使う会場の手配ですとか、先生方の宿泊の手配や交通などを包括的に手配をさせていただいております。
最近では製薬会社様も海外の著名なドクターをお呼びして講演をしていただくケースが増えて来て、私もそういった先生方とコミュニケーションを取る機会が増えて来たので、英語の必要性を感じてきました。
Takuya
なるほど、どんな職種でも英語が必須アイテムになりつつあるのですね。NTAの皆さんは1日どれくらい授業を受けられていたのですか?
Tawaさん
マンツーマン6クラスにグループクラス3クラス、これを月曜日から土曜日まで受けていました。(ホリデーも通常通りの授業でした。)
Takuya
フィリピン人講師のレッスンはどうでしたか?
Tawaさん
最初は戸惑いもありましたけど、ある程度先生が固定されてしまうと私の英語レベルをちゃんと理解してくれて、それに合わせてくれたのが助かりました。私の場合事前に会社を通してテキストを貰っていたんですけどレベルが高過ぎると言う事を先生に伝えたら、先生が私ようにもっと簡単なテキストを持って来てくれました。それらで授業を受ける前にあらかじめ分からない単語を調べておくなど、工夫しながら自分のペースで勉強が出来ました。
Takuya
今回の研修で会社からの目標指示等はあったのですか?
Tawaさん
ありました。会社からの指示として僕の場合だとTOEICのテストで550点以上を掲げられていました。Howdyに来て直ぐに受けたテストでは295点だったんですよ、それが昨日(最終日)に受けたら630点だったんです!
Takuya
それは凄いですね。
Tawaさん
そうなんですよ。もちろん運も良かったっていうか、勉強した所と似た問題が出たっていうのもあるんですけどね。そもそも550点は私の中では相当難しいと思っていましたから。それに社員の誰もが希望したらこの研修に参加出来るものじゃなくて、マネージャーからの推薦や、どういったお客様と付き合いがあるかっていう理由で決まるみたいなんですが、私自身希望してなかったので決まった時は正直嫌でした。
英語に関しては苦手意識しかなかったので。
Takuya
じゃあこの点数の伸びは本人からしたら相当驚きですね。
Tawaさん
本当に驚きました。
Takuya
お仕事をされていく中でどのような英語スキルが必要だと感じていますか?
Tawaさん
私の場合はどちらかと言えばスピーキングですね。先生達とコミュニケーションを取る機会が非常に多いですし、添乗員としてお客様を海外にお連れするケースもあるので現地で製薬会社の方々、ホテル、会場、レストランとの連携がありすべてのコミュニケーションは英語になります。
Takuya
この留学でご自分の英語力を知ることも出来たんじゃないですか?
Tawaさん
最初は本当に先生が何を言ってるのか分からなかったんですが、この4週間で大体は理解出来る様になりました。でも自分の考えを英語で伝える能力がまだまだ低いので圧倒的に語彙力不足だという事も知りました。
Takuya
でも自分の弱点が分かっただけでも今後の対策になりますよね。今回のHowdyの授業スケジュールはどうでしたか?かなりハードな印象ですが。
Tawaさん
マンツーマン授業に関しては全般的に良かったんですが、たまに先生が休んだ時にあまり授業内容の引継ぎがなされて無いなあって思った事はありました。グループクラスに関してですが、実は自分のわがままでTOEICに集中したくて、先生に頼んでグループクラスをマンツーマン授業に変えてもらって‟TOEIC特訓”をやってもらいました。生徒のレベルに応じて授業内容も変えて頂ける所は本当に助かりました。あれが無ければ目標点数は厳しかったと思います。

【自分の為にアドバイザーが組んでくれた特別授業、目指すはTOEIC550点超え!】

Takuya
そうなんですよね、ケビン先生と2人でカフェテリアで個別授業をされているのをよく、お見かけしました。そういう経緯があったんですね。
Tawaさん
もしここで550点取れなければ、1年以内に日本で同じスコア取らないといけないんです。
Takuya
Howdyでの生活環境はどうでしたか?
Tawaさん
学校で提供される食事に関しては何も言う事は無いですね、とても美味しかったです。それに部屋も綺麗で同じ敷地内にモールもあって、人によっては飲食店が少ないと言う人もいるかもしれませんけど、目的は英語ですからね。
Takuya
休みの日は楽しめましたか?あまり遊ぶ暇も無かったでしょうけど。
Tawaさん
それでも凄く綺麗なカオハガン島にアイランドホッピングとパシフィックセブリゾートっていうセブで有名なリゾート施設に遊びに行きました。

【いくら英語漬けとは言えやっぱり日本の参考書と英和辞書は必須アイテムです】


Takuya
今後留学に来られる方々に何か事前に準備しておいた方が良い事ってありますか?

Tawaさん
そうですねー、私は持って来なかったんですが日本の参考書ですね。それに電子辞書は絶対必要です。私が苦労したのは意味の分からない英単語を英語で説明されるので、英英辞書で調べる様なものですよね、だからリーディングの授業なのに単語を理解するだけで授業が終わってしまったって事もあったので必要ですね。
Takuya
フィリピンで英語の勉強をする事のメリットって何だと思います?
Tawaさん
フィリピンはどこに行っても英語に触れ合える機会があるのが良いと思います。日本だとそんな状況ほぼ無いので、そんなに長くない期間で英語を学びたいのであれば絶対フィリピンに来て勉強した方が良いですね。
Takuya
今回の研修でTawaさんご本人は満足いく留学になりましたか?
Tawaさん
ええ満足しています。でももし許されるのであればもっと長く居たかったです、なぜかと言うと会社が求めているスキルがあるから我々はビジネスクラスを受けているんでしょうけど、私のレベルだとビギナーなのでもう少し低い所からやりたかったなっていうのが本音です。だから出来るのであれば自分に合った所からじっくりと時間をかけてやってみたいですね。それと今度はスピーキングに特化した授業を受けてみたいです。
Takuya
日本に戻っても英語の勉強を続けて行こうと思いますか?
Tawaさん
そうですね、どっかの教室とかに通うというのは今の仕事では難しいと思うので、自分で参考書買おうと思います。本当は時間が取れればまた来たいんですけどねー。

(Tawa様から、年末のお問い合わせをいただきました。By Howdy堀井マネージャー)

Takuya
ありがとうございます。最後になりますがHowdy留学のオススメポイントはどこでしょうか?
Tawaさん
もちろん英語を学ぶっていう事がメインなんですが、私のウィークポイントって先生達にも話したんですけど物事をネガティブに考えてしまう所なんです。だから最初はTOEIC550点なんか絶対出来る訳ないって思っていたんですけど、Howdyの先生達は常にポジティブに私を励ましてくれて結局私に630点という大満足の結果をもたらしてくれました。そういうメンタル的な部分をサポートしてもらえるのも学校側の指導が先生達一人一人にまで行き届いている証拠だと思うので、そんな所もオススメのポイントだと思います。
Takuya
ありがとうございました。
インタビューを終えて
会社から受けた指令はTOEIC550点以上。これは英語に苦手意識しかなかったTawaさんにとっては途方もない数字でした。しかし常に前向きなフィリピン人講師のサポートとアドバイザーが特別授業を組んでくれたお陰で、見事に克服する事が出来ました。
‟人生は出会い”とおっしゃっていたTawaさん。Howdyで過ごした4週間で様々な人達との出会いを経験された事でしょう、その出会いを自分の力に添えて益々今後の人生を豊かに過ごして下さい。またどこかで会いましょう。

この記事のインタビュアー

Takuya

Takuya

-インターン-

40代半ばにして英語習得を夢見て悪戦苦闘の日々。周りの人達に支えられてセブで何とかやってます。

卒業生インタビュー

Contact