最高のライバルを連れてやってきたセブ、これから先の目標とは?

Michiru / Koki

親子留学コース

24週間

今回は親子留学で6か月間滞在されるYonezawaさん親子にお話を伺いました。Howdyに決めたきっかけや、これからの留学の目標、留学を決めた経緯などKoki君と一緒に楽しく教えてくださいました。

《留学を決めたきっかけとは?》

Yuka
親子留学をしようと思ったきっかけを教えてもらえますか?
Yonezawaさん
今しかないと思った。半年時間をとれるのは息子が小学校や中学校、高校に入ったら無理だし、大学に入ったら勝手に行ったらいいんじゃないかなって。半年っていう時間を海外で過ごすなら保育園を辞めてのこのタイミングしかないと思って今来ました。
Yuka
一緒にいるタイミングの一つとして留学をえらんだんですね。
Mei
でも、そのなかでもなぜHowdy を選んだんですか?
Yonezawaさん
たくさん学校はあったけど息子の安全と健康を第一に考えてえらびました。親子留学する人は子どもの事第一で考えると思うので、クリニックがある、24時間警備がある、食事のレベルが高い、というのは大切でしたね。正直一人だったらどこでもよかったんです(笑)
Mei
今のところクリニックに来たりとかは、、、
Yonezawaさん
ないです(笑)お守りですね、何かあった時にための。
Mei
実際に来てみていかがですか?
Yonezawaさん
思った以上ですね、設備面に関しては。想像以上にレベルが高いですね、食事も全然日本食が恋しくないです。安心して食べられます。
Yuka
子どもを連れてフィリピンに来る心配はなかったですか?
Yonezawaさん
人間が住んでる以上死ぬことはないだろうと思っているので、ジャングルの奥地に行けって言われたら行かないですけど、特に場所にこだわりはなかったですね。
Yuka
治安面とかも心配はなかったですか?
Yonezawaさん
全くない!そうゆうこと考えてもなかったです(笑)日本に住んでても日本人が行かない場所ってあるじゃないですか、あそこは治安が悪いから行かないほうがいいよとか、それは別にどこの国でもいえることだし、普通に気を付けていれば危ないことはないと思ってます。

《子どもの姿が見れる教室は安心だけど、、、》

Mei
授業を受けてみていかがですか?
Yonezawaさん
融通が利くのがいいですね。これがやりたいというのを先生に伝えたらそれをアレンジしてくれるので。柔軟にすぐ対応してくれて、それは私だけじゃなくてkokiに対してもそうですし。アドバイザーアドバイシー制度もいいですね。
Mei
結構アドバイザーには授業以外の事も相談されていますか?
Yonezawaさん
話しますね。母親同士、同じ母親として、子供の事であったりとかは話しますね。

Yuka
Kokiくんの様子はいかがですか?
Mei
よく廊下とか階段で走ってたりとか、脱走してるの見ますけど、、(笑)
Yonezawaさん
楽しそうにやってますね。通ってた保育園にアメリカ人の先生がいたので、外国の人に抵抗とかはないみたいです。保育園でも少し英語の時間があったので、kokiにとっても英語が全く新しいものではなくて、何となく聞いたことがあるレベルでしたね。

Yuka
親子留学コースについてどう思いますか?
Mei
ガラス張りでお子様の様子が見れるようになってたりしますが、、、
Yonezawaさん
どっちもどっちですね。姿が見れて安心っていうのもあれば、気が散るってのもあります。安心な反面、気になることもあります。たまにドーンって音が聞こえてくるので、、子供たち飛んだり跳ねたりしてますから、、(笑)床揺れてるとか、(笑)

Yuka
Michiruさんの授業はいかがですか?
Yonezawaさん
いいと思います。でもちょっとグループレッスンはうらやましいなって思います。ほかの人の意見を聞いたり、情報交換ができたり、いいなって思います。世代とかいろんな環境の人と話てみたいと思います。知らないことがわかることが楽しいと思うので、
Mei
Michiruさんは学生時代にアメリカ留学の経験があるようですが、フィリピン留学と比べていかがですか?
Yonezawaさん
何も変わらない!金額だけ!
でも発音はたまに気になるときはあります。先生の発音がうまく聴き取れなくて、書いて!って言って私が発音しなおすこともあります。でもそれは 許容範囲です。上から目線になっちゃいますけど、フィリピンでも綺麗だなと思います。
街に出てみて、タクシーのドライバーとかの英語はえっ?ってなることはありますけど、先生の英語は綺麗だし、聞き取りやすいです。逆に私の英語も聞き取ってくれますし、アメリカでも方言があるのと同じだと思うので、フィリピンだから英語できないんじゃないかっていう心配はなかったです。

《親子留学の目標とは、》

Yuka
セブでの生活はどうですか?
Yonezawaさん
海外に来た感じがないです。
Mei
以前ベトナムに滞在されていたんですよね?
Yonezawaさん
そうです。向こうではどっぷり海外に浸かっていました。日々サバイバルだったのですが、こっちでは基本的に学校から出ないので、行くとしてもご飯食べに行くとか洗濯出しに行くとかだけなので。海外旅行以下かもしれないです、その辺は。
Yuka
でも明日はデイユースに行かれる予定ですよね?
Yonezawaさん
そうですね。リゾート感味わってきます。
だから洗濯出しに行っても買い物行っても、その人がただ外国人で英語しゃべってるっていう感じです。今は。あんまり海外に住んでると思ってないです、月曜日から金曜日は。
Mei
今までの休日はどのように過ごされてきましたか?
Yonezawaさん
先週末はオスロブに行って、今週末はデイユースに行って、まあ少しずついろんなところにいきたいなと考えてます。まだ先は長いので、、、(笑)
Mei
Kokiくんよくガイドブック読んでますよね。
Yonezawaさん
るるぶで予習してるので、、
この前教会の写真見てここ行きたい!って言ってましたね。
Yuka
オスロブはどうでしたか?
Yonezawaさん
めっちゃ楽しそうにしてましたね。サメと一緒に泳いでました。海行ったことない、海で泳いだことない、海外旅行行ったことない、ジンベイザメ見たことない、全部一緒に経験しちゃったから、すごい経験してるなって思いましたね。日本に帰ったら水族館でジンベイザメ見ようねって言ったら、え、泳がないの?って。いわれてしまいました。
Yuka
日本の水族館が物足りなくなっちゃいますね、
Yonezawaさん
順番間違えたかもしれないですね、(笑)ごめんね(笑)
Mei
今の時点でこっちに来て困ったこととかありますか?
Yonezawaさん
うん!洗濯物が縮む。しょうがない。出すたびに小さくなって返ってくる。
でもそれくらいですね、困ったことは。結構快適に過ごしてます。一切の家事をせず、留学は主婦の皆さんにとって息抜きにもいいと思います。
Mei
半年後Koki君にどうなっててほしいですか?

Yonezawaさん
私は彼に英語ペラペラになってほしいとか、将来は海外で働いてほしいとかそうゆうことは思ってなくて、むしろ半年間でこうなってほしいというよりも、今後中学高校に上がった時に一つの人生の選択肢として“昔、うちの母親はこうゆうことを経験させてくれたから、これを生かしてみよう”とか考えてくれたらいいなって考えてます。なので彼の将来の選択肢を増やすために今はちょっと手出ししただけかな、って思ってます。
Yuka
今までのこの三週間を過ごしてみて今後の留学生活でやってみたいこと、目標等はありますか?
Yonezawaさん
息子に英語力を抜かれないこと。最低限です。
Mei
そこばっかりは、、、(笑)
Yonezawaさん
子どもの成長力は計り知れないですからね、自分で自分に最強のライバルを与えてしまったので、どれだけ伸びしろがあるかわからない子を連れてきたのでちょっと負けてられないなと思います。身近にいるライバルと切磋琢磨して頑張ろうと思います。最近質問をしだして、先生●●って言ってたけどこれって日本語でどうゆう意味?とか、●●って英語で言いたいけどどうやっていうのとか、抜き打ちテストをされてますね。当然別々の授業を受けているので、私が知らない単語を覚えて帰ってきたり、知らない表現とかを言ってきたりするので、そのへんはもっと聞きたいなって思いますし、もっと発話を増やしたいなと思いますね。私はもっと表現力を身に着けたいなと思いますね。
Yuka&Mei
じゃあ私たちもまだまだ先が長いのでお互い一緒に頑張りましょう。
インタビューを終えて
空港にお迎えに行ったときにお母さんと一緒にぬいぐるみを抱えて歩いてきたKoki君ですが、今はそのぬいぐるみをお部屋でお留守番させて(笑)先生やほかの生徒さんと仲良く話しているのを見かけます。いろんな事を吸収し、毎日先生たちと新しい単語を覚えて会話している姿を見て、お母さんだけじゃなく私たちも危機感を感じてます!6歳にして初海外、初留学ということでこれからの成長が楽しみで仕方ありません。またお二人にはお話を伺う予定ですので、皆さんも楽しみにしていてくださいね!

この記事のインタビュアー

yuka&mei インターン生

Yuka & Mei

-インターン-

卒業生インタビュー

Contact