#2 ターゲットは EO GSEA 世界大会での英語スピーチ‼

氏名: Yusuke Kimura

年齢: 21歳

滞在期間: 2週間

滞在部屋: 4人部屋

英語レベル: intermediate

コース: スタンダード(M-5,G-2)

今回インタビューさせて頂くのは前回に引き続きEO GSEA (世界各地の若手起業家ネットワークが主催するビジネスコンテスト) で日本代表に決定し、今年4月にカナダ・トロントで開催される世界大会に出場が決まっているYusukeさんの2度目のインタビューです。
Howdyにきて2週間、来た時にイメージしていた2週間後の自分に近づく事が出来たのでしょうか。

Yusuke Kimura

《2週間ビジネスを離れて自分と向き合えました》

Takuya
Howdyに来られて2週間が経ちましてが、心境の変化等はありましたか?

Yusuke Kimura
本当に一瞬でした(笑) 物足りなさを感じましたし、もっと英語の勉強がしたいなと欲が出て来ました。普段日本でビジネスの事ばかり考えて暮らしているのですが、ここで全然ビジネスでは関わりのない人達と知り合って交流してみて、ああ人間にはこういう人同士のふれあいみたいなものが絶対に必要なんだなと思いました。普段の生活で忘れていたものを思い出すことが出来ました。

Takuya
イメージ通りに勉強出来ましたか?

Yusuke Kimura
はい、出来ました。しばらく英語を使っていなかったんですがそのブランクは直ぐに埋めることが出来ました。まだ文法でミスしたりはありますけど、先ずは話す事が大事なんだなと強く感じました。日本ではそうゆう環境が殆ど無いので、マンツーマン授業で絶対英語しか使えない環境に身を置くことが出来て良かったです。

Takuya
来た時イメージしていた2週間後の自分に近づけましたか?

Yusuke Kimura
ここに来た時、この留学期間で自分のやりたい事をしっかり定めようという事と、英語でのスピーチをスムーズに出来る様になりたいという事を目標にしていたんですけど、両方とも達成できたと思っています。今回一人になる時間が多くて、色んな事を考える事が出来た事も自分にとっては良かったです。欲を言えばあと2週間居たかったですけどね、本当にあっという間だったので。

Takuya
以前は欧米留学も経験されていますが、フィリピン留学との違いはどんな所でしょうか?

Yusuke Kimura
やっぱりこっちにはマンツーマン授業があるので濃度が違いますよね、オーストラリア留学よりもフィリピン留学の方が僕は伸びたと感じています。

Takuya
何か良い思い出などは出来ましたか?

Yusuke Kimura
カオハガン島にアイランドホッピングに行った事ですね。また行きたいと思える位楽しくて貴重な体験になりました。

Takuya
今回の留学で起業家としてフィリピンを見る事もあったかと思うのですが、どんな風に感じましたか?

Yusuke Kimura
色んなビジネスチャンスがありそうだなとは感じました。いろんな話をフィリピン人に聞きましたけどやはり人件費の安さには驚きましたね、後は物を売るにも効率が悪いように見えましたし、無駄が多い気がしました。それを省いて行けばまだまだこの国は伸びるだろうなと思いました。僕は今やっている仕事の他にもやりたいことがあって、個性教育と言いまして、現代の若い人は自分と向き合う時間が少なくて、本当に自分がやりたい事を考えずに大学時代を終えて、何となくみんなと一緒に就活をしてその企業に合わせた自己分析しかやらないので、本当に自分がやりたい事を分からないまま社会に出てしまうっていう問題があると思っていまして、だから僕が今回の様に一人になって考えた事や、今まで経験した事などを文章に起こして、それを元に本当の自分を見つける学校みたいなものを作れたらなと思っているので、今回Howdyさんの経営方針や、先生達への教育管理の徹底した所など自分なりに見させてもらって本当に勉強になりました。

Takuya
この留学のどんな所が自分の為になったと思いますか?

Yusuke Kimura
普段日本では仕事ばっかりですがこの2週間は仕事を休ませてもらって、今自分がやってる事を客観的に見れたことや、自分が忘れていた事を取り戻せた事ですね。カオハガン島に行った時に、人と人との良い繋がりがあれば電気なんか無くても、経済的に豊かじゃ無くても人って幸せになれて、そこを踏み外したら例え事業で成功して大金持ちになっても、幸せになれないんだろうなと思いました。ただ起業家としてビジネスで解決出来る問題もあって、今までは日本でしかそんな課題を見つけようとしなかったのですが、今からは海外の人達の課題も解決出来るようになりたいなと思いました。

Takuya
今回のHowdy留学が今後の自分の人生の役に立つと思われましたか?

Yusuke Kimura
もちろんです!視野が広がった気がします、反省もたくさんしましたけどね。

《日本を代表するような起業家を目指したい》

Takuya
今後のYusukeさんの目標を聞かせて頂けますか?

Yusuke Kimura
今後は社会に良い影響を与えながら会社を大きくしていきたいのと、今の日本の学生は、そういう教育を受けて来たせいなのか、なかなかチャレンジ出来ない環境にあると思っていまして、人と違う事が怖いというか...そういう人達を後押しできるようなサポートをしていきたいと思っています。でもそれには学生ながらに起業したのは良いけれど、失敗していては何も言えないので、ちゃんと結果を残し、そして今回の世界大会でもちゃんと成果を出して、背中で語れる様なそんな起業家になって、自分の生まれた1990年代を代表するような起業家になりたいです。

Takuya
今から起業家としてやっていきたいと思っている若い人達に何かアドバイスを頂きたいのですが。

Yusuke Kimura
よくどんな事業をやればいいか分からないという人がいるのですが、僕が自分の行動から学んだのは、とにかく自分の興味ある事に対して動いてみるという事です。迷っている時間は無駄だということを知って欲しいです。やってみないとそれが正しいのか間違いなのかも分からないし、例え間違っていたとしてもそれが経験値として自分の物になりますからね。今の学生は頭が良いのか、先の事を考え過ぎて、これは無理かもしれないと決めてしまいがちなのですが、そんなこと考えてたって時間の無駄なので、とにかく動いて欲しいですね。ぼくがいつも気にかけている事でもあるんですが、この年なので経験値など無いじゃないですか、だから先ずは動いてみて自分の目で回りを見てからどう動くかを決めれば良いので、何事もまずは一歩踏み出すところから始まるのだと思います。

Takuya
最後の質問ですが、起業家のYusukeさんにとって英語の重要性を聞かせて下さい。

Yusuke Kimura
必須ですね。今回の留学でビジネス英語はやはり難しいと感じました。日常会話は問題無いのですが、ビジネスの場でのリアルなやり取りを英語でとなるとまだ難しいので、まだまだ勉強は続けて行かなくてはいけないですね。今後英語はビジネスするうえでも異文化を知るうえでも絶対必要なツールです。これが無いと始まりません!

ビジネスコンテスト世界大会での英語スピーチ‼

インタビューを終えて
前回に引き続き、若き起業家Yusukeさんのインタビューでした。実績に裏付けられた自身のある言葉に、少しだけ日本の将来も捨てた物じゃないなと感じました。いつの日かYusukeさんの理想とするビジネスを展開できる日が来ることを願っています。日本の未来の為にも頑張ってください。

この記事のインタビュアー

Takuya

Takuya

-インターン-

40代半ばにして英語習得を夢見て悪戦苦闘の日々。周りの人達に支えられて何とかやってます。

卒業生インタビュー

Contact