欧米留学とフィリピン留学両方を経験した彼だから分かる、フィリピン留学の良い所・そうでない所

・Toshi君 / 大学院生

インターンスタッフ / 3ヶ月

今回私がインタビューする事になったのは、2ヶ月間同じ釜の飯を食って来たインターンスタッフのToshi君。同じ部屋で寝起きを共にし、夢を語らい、泣き⁈ そんな彼にかしこまってインタビューするのは何か照れますが、彼は一般的にフィリピン留学に多いと言われている私みたいな初心者英語ではなく、かなりハイレベルな英語の使い手。そんな彼がフィリピン留学で何を感じ何を学んだのか。今、欧米留学なのかそれともフィリピン留学なのか迷ってるあなた!何かいいヒントが見つかるかも知れませんよ。

Toshi君

Takuya
何故Howdyで、インターンスタッフとして働こうと思ったのですか?
Toshi

実は大学時代に一度、別の語学学校に春休みを利用して3週間程留学したことがあって、フィリピン留学のことはだいたい分かってたんです。それで、欧米留学する前に3ヶ月間準備期間を作って、もう一度フィリピン留学に来てみようと思ったんです。
Howdyのインターンスタッフ制度のことはネットで調べました。
食事がおいしく、三食付きで部屋代・光熱費はタダ、洗濯も掃除もタダでビザの延長代も出してくれて、そのうえ英語の授業を1日4コマ受けられる。って事はほぼ0円で留学出来るって事ですよね、欧米留学前にあまりお金使いたくないですからね。それに、英語を使って仕事してる人と一緒に働いたことが無くて、それも経験してみたかったですしね。
Takuya

なるほどー、でもToshi君みたいに英語がある程度できる人からすると、フィリピン人講師の英語というのは、正直なところどうなんですか?大学時代には欧米留学も経験されてるわけですが。
Toshi

非常に言いにくいんですが、物足りなさを感じた事はありますね。例えば複数形なのにSをつけなかったり、He doesn’tをHe don’tと言ったり、すごく初歩的なミスですが、IELTSの勉強をしてる僕からしたら少しガッカリしますよね、テストではライティングがあって一文字でもミスしたらアウトなんで。もしかしたら初心者の方は、そのまま覚えてしまう人もいるかもしれませんしね。
だから、個々の先生たちの英語力向上にはもっと力を入れてほしいと思ったこともありました。それから、これは多くのフィリピン人講師に言える事ですが、人懐っこくて人当たりが良いので、直ぐに先生と仲良くなれるんですが、あまり仲良くなりすぎるのは良いことばかりではありません。少し距離を置いて、英語学習に支障が出ない程度に付き合う事も大事だと、僕は思いました。
Takuya

これから2度目の欧米留学に行かれるToshi君ですが、Howdyで学んだ事で、これは向こうでも役に立つだろうなと思う所はありますか?
Toshi

正直言って、英語の発音などはYou Tubeなんかでいくらでも勉強出来るし、文法や読み書きも、やろうと思えば日本に居てもできたと思うんですけど、Howdyでインターンスタッフとして過ごすなかで学んだ、生きた英語と言うか、実際人に対して英語を使う事で、英語に体を慣らす事ができたと思います。
フィリピン留学の方が欧米留学に比べて、圧倒的に話す量は多いですからね。
それにインターンスタッフをやってると、授業を受ける時だけじゃなくて、仕事でフィリピン人スタッフや講師達とコミュニケーションを取る為に、英語が必須ですから、より実践的な勉強が出来たと思います。
この経験は役に立ちそうですね。
Takuya

それは良かったですね。ちょっと大袈裟ですけど、自分の将来に役立つと思います?
Toshi

学生時代に、日本でインターンとして働いた事もあるんですが、やっぱり海外で働く事で、日本では出来ない色々な経験が出来たと思います、すごく新鮮でしたしね。
その中でも特に自分の将来に役立つと思うのは、たくさんの人達との出会いです。これは本当に僕にとってかけがえの無いものになりました。
この仕事をしてると色々な人達と関われます。色々なバックグラウンドを持った人がいて、様々な経験をされているので、凄くいい意味で自分の事を深く考えさせられました。
特にジェネラルマネージャーの傍で仕事させてもらったのは、僕にとっては大きな収穫でした。一緒に、校内で起こる様々な問題の解決策を考えたり、月に一度ある日本人スタッフのミーティングで、仕事に対する姿勢や、気持ちの持ち方等を直に聞けたのは貴重な体験です。あるミーティングの席で僕達インターンスタッフが、自分の仕事の反省点ばかりを挙げていたら、ジェネラルマネージャーが ‟自分のやった事の反省点ばかりを述べててはいけない、時には自分はこういう成果を挙げて会社に貢献しましたと、アピールしなければ海外では出世も難しい”と言われました。
今から欧米留学する僕としては、とても有り難い言葉を頂いたと思います。
Takuya

今、欧米留学とフィリピン留学で迷ってる人も多いと思うんですが、両方を経験されているToshi君だからこそ分かる事ってありますよね?
Toshi

んーそうですね、何か理由があって英語学習を始める人や、とりあえず英語が話せるようになりたいっていう人達には、フィリピン留学はお勧めです。
当たり前のことですが、欧米留学で学ぶ英語の発音に関しては、フィリピン留学ではかないません。でもとにかく英語を話せるようになりたい人や、英語を使ってもっと海外旅行を楽しみたい人等、英語を基礎から学びたい人には良い環境ですね。
フィリピン留学なら、マンツーマン授業で講師が個人それぞれに合ったレベルの授業内容を組んでくれて、無理なく勉強を進められますからね。そこは欧米留学には無い所です。
Takuya

じゃあ最初フィリピン留学で数ヶ月勉強して、それから欧米留学行ったりワーホリで働いたら、英語は完璧ですね。そのパターン多いですもんね。
Toshi

ほんと多いですよねそのパターン。でも厳しいことを言うかもしれませんが、実はそうでも無いと思うんですよ。もちろんワーホリ使ってジャパニーズレストランで皿洗いやウェイトレスをやったり、土産物屋で店員をする位はそれでも良いと思うんですが、もっと現地の人達と一緒になって働いて、自分のスキルアップにつなげたい人や、将来、本気で向こうの会社に正規採用され、移住まで考えている様な人は、フィリピン英語と、いわゆるネイティブ英語とのギャップが想像以上にあるというのは、知っといた方がいいと思います。それを踏まえたうえで勉強すれば、しっかりとフィリピン留学を生かせると思いますよ。

Takuya

最後の質問です。3ヶ月間インターンスタッフとして過ごされて、英語の伸びは感じましたか?

Toshi

実は来た当時、LとRの発音が苦手で、なるべくRを発音する単語は使わない様に逃げてたんですよ。別の似た単語使ったりして。でもマンツーマン授業なら他の生徒はいないから、いくらでも練習出来たんで、今では躊躇なく使える様になりました。欧米留学ではこういう事出来ませんからフィリピン留学ならではですね、本当に助かりました。

Toshi君

Takuya
わがままが通る個人レッスンだから実感出来る、超集中講座での充実感!

インタビューを終えて
語学留学には、様々な英語レベルの人がやってきます。たまに今回のToshi君みたいに初級レベルじゃない人も来るのですが、改めてインタビューする事で、フィリピン留学の弱点や改善したほうがいい所が見えて、インターンスタッフの私としても、いい経験になりました。Toshi君、これから行く欧米留学には、どんな大変な事が待ち受けているか解りませんが、是非その笑顔を忘れずに、夢に向かって頑張って下さい。3ヶ月間おつかれさまでした。

この記事のインタビュアー

Takuya

Takuya

-インターン-

40台で英語習得を夢見、悪戦苦闘の日々。
周りの人たちに支えられセブで何とかやっています。

インターン卒業生インタビュー

Contact